• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

元祖負け犬女、ブリジット・ジョーンズのハッピーエンドに続く苦悩の毎日

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ブリジットとマークが付き合い始めて6週間と4日、2人は24時間ラブラブだった。仕事は相変わらずだったが、もう以前のブリジットではない。仕事が終わって家に帰れば、愛する彼とめくるめく一夜を楽しむのだ。しかも相手はハンサムで有能な弁護士なのだ。しかし、ある夜マーク宅を訪れると、弁護士仲間のジェニファーが来ていた。若くて魅力的なジェニファーと比べて、自分はデブでとりえがないと落ち込むブリジット。自信喪失から、ブリジットは様々な妄想に苦しみ始め、やがてはマークの愛を疑うようになる…。



■解説

大ヒット作『ブリジット・ジョーンズの日記』が4年ぶりに帰ってきた。マークと2人、ハッピーになれると思っていたのに、完璧な彼が出来たばかりにまた新しい悩みが。ハッピーエンドの向こうには、また新たな苦難が待ち受けているもので、女性は常に葛藤し続けなければいけないのだ。

監督は、前作と変わって『迷子の大人たち』のビーバン・キドロン。主演は前作と同じレニー・ゼルウィガー、コリン・ファース、そして女ったらしの編集長役のヒュー・グラントも懲りずに登場する。レニー・ゼルウィガーは、『シカゴ』でスレンダーになった体から、またしても体重を増やし、女優魂を披露。ドジだけど親しみやすいブリジット像を再び作り上げた。

(c)2004 Miramax Film Corp. All rights reserved. (c)2004 STUDIO CANAL (c)2004 United international pictures (c)2004 working title films (c)2004 Universal Pictures

  • 2005年3月19日 より 日劇1ほか全国にて

  • 配給:UIP映画
  • 製作国:イギリス(2004)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • コメディ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ビーバン・キドロン (Beeban Kidron)
脚本 ヘレン・フィールディング (Hlen Fielding) アンドリュー・デイヴィス (Andrew Davies) リチャード・カーティス (Richard Curtis) アダム・ブルックス (Adam Brooks)
原作 ヘレン・フィールディング (Hlen Fielding)
エグゼクティブプロデューサー デボラ・ヘイワード (Debra Hayward) リザ・チェイシン (Liza Chasin)
製作 ティム・ビーヴァン (Tim Bevan) エリック・フェルナー (Eric Fellner) ジョナサン・カヴェンディッシュ (Jonathan Cavendish)
撮影 エイドリアン・ビドル (Adrian Biddle)
美術 ジェンマ・ジャクソン (Gemma Jackson)
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ (Harry Gregson-Williams)
編集 グレッグ・ヘイデン (Greg Hayden)
衣装デザイン ジャイニー・テマイム (Jany Temime)

■キャスト

俳優名 役名
レニー・ゼルウィガー (Renee Zellweger)  Bridget Jones
ヒュー・グラント (Hugh Grant)  Daniel Cleaver
コリン・ファース (Colin Firth)  Mark Darcy
ジム・ブロードベント (Jim Broadbent)  Dud
ジェンマ・ジョーンズ (Gemma Jones)  Mum
ジャシンダ・バレット (Jacinda Barrett)  Rebecca
サリー・フィリップス (Sally Phillips)  Shazzer
シャーリー・ヘンダーソン (Shirley Henderson)  Jude
ジェームズ・キャリス (James Callis)  Tom
ジェシカ・スティーヴンソン (Jessica Stevenson)  Magda
ニール・ピアソン (Neil Pearson)  Richard Finch

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!