映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 冷飯とおさんとちゃん

文芸オムニバスドラマ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

〔第一話「冷飯」〕下級武士の四男坊に生れた柴山大四郎は上役に取りいって出世を夢みる同僚たちと違って、冷飯に甘んじて古書集めに狂奔する明朗な若侍であった。〔第二話「おさん」〕大工の参太はあまりにも感覚的な女房おさんの異常なセックスから逃れるため江戸を離れて上方に出た。だが参太は、おさんを忘れることができず、いつしか江戸への道を辿っていた。〔第三話「ちゃん」〕五桐火鉢を作らせてはならぶ者のいない名人重吉は、名人気質に固執するあまり時代の流れに取り残され、深酒をあおっては、気をまぎらわせていたが、女房お直と4人の子供をかかえ、貧乏のどん底にあった。



■解説

山本周五郎原作“ひやめし物語”“おさん”“ちゃん”を『飢餓海峡』の鈴木尚之が脚色『鮫』の田坂具隆が監督した文芸オムニバスドラマ。撮影もコンビの飯村雅彦。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1965)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 田坂具隆 (Tomotaka Tasaka)
脚色 鈴木尚之 (スズキナオユキ)
原作 山本周五郎 (ヤマモトシュウゴロウ)
企画 岡田茂 (Shigeru Okada) 小川三喜雄 (オガワミキオ) 三村敬三 (ミムラケイゾウ)
製作 大川博 (オオカワヒロシ)
撮影 飯村雅彦 (イイムラマサヒコ)
美術 鈴木孝俊 (スズキタカトシ)
音楽 佐藤勝 (Masaru Sato)
録音 中山茂二 (ナカヤマシゲジ)
照明 和多田弘 (ワタダヒロシ)
編集 宮本信太郎 (ミヤモトシンタロウ)
スチール 諸角義雄 (モロヅミヨシオ)

■キャスト

俳優名 役名
萬屋錦之介 (Kinnosuke Yorozuya)  柴山大四郎
木暮実千代 (Michiyo Kogure)  椙女
原田甲子郎   柴山又左衛門
岡田千代 (オカダチヨ)  志乃
中村錦司 (ナカムラキンジ)  柴山粂之助
小沢昭一 (Shoichi Ozawa)  中村又三郎
花澤徳衛 (ハナザワトクエ)  中井岡三郎
入江若葉 (イリエワカバ)  深見ぬい
唐沢民賢 (カラサワミンケン)  深見新蔵
山乃美七子   下女
千秋実 (チアキミノル)  中川八郎兵衛
不二和子 (フジカズコ) 
河原崎長一郎 (カワラサキチョウイチロウ)  平松吉之助
浜村純 (ハマムラジュン)  屑屋
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)  古道具屋の親父
東龍子 (アズマリュウコ)  河重の女将
宮園純子 (ミヤゾノジュンコ)  河重の女中
前川良三 (マエカワリョウゾウ)  中川家の家士
源八郎   中川家の使者
五十嵐義弘 (イガラシヨシヒロ)  若殿
矢奈木邦二郎 (ヤナギクニジロウ)  家老
萬屋錦之介 (Kinnosuke Yorozuya)  参太
三田佳子 (Yoshiko Mita)  おさん
新珠三千代 (Aratama Michiyo)  おふさ
安中滋 (ヤスナカシゲル)  伊三
佐藤慶 (Kei Sato)  辰造
大坂志郎 (オオサカシロウ)  作次
富永佳代子 (トミナガカヨコ)  作次の女房
赤木春恵 (アカギハルエ)  小助店のおかみ
中畑道子 (ナカハタミチコ)  棗店のおかみ
市川裕二 (イチカワユウジ)  乃里屋の番頭
畑中伶一 (ハタナカレイイチ)  長屋の男
萬屋錦之介 (Kinnosuke Yorozuya)  重吉
森光子 (Mori Mitsuko)  お直
伊藤敏孝 (イトウトシタカ)  良吉
岡田由紀子 (オカダユキコ)  おつぎ
君塚秀修   亀吉
藤山直子 (フジヤマナオコ)  お芳
渡辺美佐子 (Watanabe Misako)  お蝶
北村和夫 (Kazuo Kitamura)  新助
三木のり平 (ミキノリヘイ)  喜助
坂本武 (サカモトタケシ)  源平
都賀静子 (ツガシズコ)  おくに
高橋漣   長屋のおかみ
中村時之介 (ナカムラトキノスケ)  酒屋の親父
塩野崎貞子   お玉

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!