映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • オペラ座の怪人

A・L・ウェバーの名作ミュージカルを煌びやかに映画化。光と闇の物語が幕開ける!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

19世紀のパリ。オペラ座では、連日華やかなショーが繰り広げられる一方、怪人ファントムによる事件が連発していた。若く美しいクリスティーヌは、謎の師「音楽の天使」からレッスンを受け、やがてオペラ座のプリマへと成長する。クリスティーヌの幼なじみ、ラウルは、彼女の輝きに惹かれ愛を告白するが、「音楽の天使」ファントムはクリスティーヌを地下洞窟へ案内し、自分と共に生きるよう願い出た。しかし、クリスティーヌがファントムの素顔を知ったことから、運命は悲劇へと向かい始める…。



■解説

ロンドンのウェストエンド、ニューヨークのブロードウェイを始め、世界18カ国、100都市で観客を魅了するミュージカル「オペラ座の怪人」が、その作り手であるアンドリュー・ロイド・ウェバー自身のプロデュースにより映画化された。煌びやかに作りこまれたオペラ座と、対照的でありながら重厚で豪奢なファントムの地下洞窟など、その映像美には目を見張る。

さらに注目したいのは、3人の中心人物を演じた若手俳優たち。ファントム役のジェラルド・バトラー、クリスティーヌ役のエミー・ロッサム、ラウル役のパトリック・ウィルソンは、劇中のナンバーをすべて自分自身の声で歌い、鳥肌の立つような効果を挙げている。ファントムがオペラ座に住むようになったいきさつなど、ミュージカルには存在しないエピソードを加え、映画ならではの展開も楽しめる。

  • 2005年1月29日 より 日劇3ほか全国東宝洋画系にて

  • 配給:ギャガ=ヒューマックス
  • 製作国:アメリカ(2004)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ジョエル・シュマッカー (Joel Schumacher)
脚本 ジョエル・シュマッカー (Joel Schumacher) アンドリュー・ロイド・ウェバー (Andrew Lloyd Webber)
原作 ガストン・ルルー (Gaston Leroux)
製作総指揮 ポール・ヒットコック (Paul Hitchcock) オースティン・ショウ (Austin Shaw)
製作 アンドリュー・ロイド・ウェバー (Andrew Lloyd Webber)
撮影 ジョン・マシーソン (John Mathieson)
美術 アンソニー・プラット (Anthony Pratt)
音楽スーパーバイザー サイモン・リー (Simon Lee)
編集 テリー・ローリングス (Terry Rawlings)
衣装デザイン アレクサンドラ・ビルヌ (Alexandra Byrne)
作曲 アンドリュー・ロイド・ウェバー (Andrew Lloyd Webber)
指揮 サイモン・リー (Simon Lee)
音楽共同製作 ニゲル・ライト (Nigel Wright)

■キャスト

俳優名 役名
ジェラルド・バトラー (Gerard Butler)  The Phantom
エミー・ロッサム (Emmy Rossum)  Christine
パトリック・ウィルソン (Patrick Wilson)  Raoul
ミランダ・リチャードソン (Miranda Richardson)  Madame Giry
ミニ・ドライヴァー (Minnie Driver)  Carlotta
キーラン・ハインズ (Ciaran Hinds)  Firmin
サイモン・カロウ (Simon Callow)  Andre
ジェニファー・エリソン (Jennifer Ellison)  Meg Giry

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!