映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 女囚さそり 第41雑居房

梶芽衣子主演の“さそり”シリーズ第2弾<BR>

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

法務省の巡閲官の面前で松島ナミは刑務所長郷田の隻眼めがけナイフを突き刺す。郷田は辛くも失明をまぬがれ、ナミに対する憎悪はいっそう燃えた。石切場での苦役、輪姦。さすがにナミも半死半生となる。しかし、不死鳥の如くナミは、看主を殺し、女囚のボス、大場らと共に脱走に成功。やがて、とある山小屋に閉じ籠った。女囚の一人、及川が、我子恋しさのあまり独り抜けだし、我が家に戻ったところを網を張っていた看守たちに捕われ、取り引きをさせられる…。



■解説

“さそり”シリーズ第2作。“さそり”と呼ばれる女囚ナミのたたかれても屈せず、じっと冷静に待ちながら、刑務所長を象徴とする権力への復讐を描く。篠原とおる原作・画の同名劇画の映画化。脚本は『人斬り与太 狂犬三兄弟』の神波史男と松田寛夫、監督は脚本も執筆している『女囚701号 さそり』の伊藤俊也、撮影は『ポルノの帝王』の清水政郎がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1972)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 伊藤俊也 (イトウシュンヤ)
脚本 松田寛夫 (マツダヒロオ) 神波史男 (コウナミフミオ) 伊藤俊也 (イトウシュンヤ)
原作 篠原とおる (シノハラトオル)
企画 吉峰甲子夫
撮影 清水政郎
美術 桑名忠之 (クワナタダユキ)
音楽 菊池俊輔 (キクチシュンスケ)
録音 広上益弘
照明 桑名史郎
編集 田中修
助監督 馬場昭格
スチール 藤井善男 (フジイヨシオ)

■キャスト

俳優名 役名
梶芽衣子 (Kaji Meiko)  松島ナミ
白石加代子 (シライシカヨコ)  大場ひで
荒砂ゆき (アレサユキ)  及川君代
伊佐山ひろ子 (イサヤマヒロコ)  野田朝子
八並映子 (ヤナミエイコ)  我妻春江
賀川雪絵 (カガワユキエ)  安木富子
石井くに子 (イシイクニコ)  都ローズ
渡辺文雄 (ワタナベフミオ)  郷田
室田日出男 (ムロタヒデオ)  沖崎
堀田真三 (ホッタシンゾウ)  古谷
小松方正 (コマツホウセイ) 
佐藤京一 (サトウキョウイチ)  田所
安藤三男 (アンドウミツオ)  鳥居
阿藤快 (アトウカイ)  尾形
久地明 (クジアキラ)  風間
林宏 (ハヤシヒロシ)  落合
宮地謙吉   稲村
田中筆子 (タナカフデコ)  老婆
相馬剛三 (ソウマゴウゾウ)  警官
高月忠 (タカツキチュウ)  若い男
小林稔侍 (Nenji Kobayashi)  若い男
伊達弘 (ダテヒロシ)  若い男
笠原玲子 (カサハラレイコ)  若い女
戸浦六宏 (Rokuhiro Toura)  法務省巡閲官
三浦忍 (ミウラシノブ)  東京管区員

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!