映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ソウ

  • R-15

刻一刻と迫り来る死の恐怖にあなたは耐えられるか!?

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

老朽化したバスルームで覚醒する2人の男、アダム(リー・ワネル)とゴードン(ケアリー・エルウェス)。どちらも片足を太い鎖でパイプに繋がれ、身動きがとれない。部屋のほぼ中央には、頭部を撃ち抜いた死体が転がっている。全くの不可解な状況で彼らに与えられたのは、テープレコーダーとテープ、一発の弾丸、タバコ2本、携帯電話、2本のノコギリ。テープを再生すると、生き残りたければ、6時間以内に相手を殺さなくてはならないと告げる声が。いったい誰が何のために?そして、なぜ、彼ら2人なのか…。



■解説

持続性切迫度最大級の恐怖のゲームへようこそ。基本的には密室劇だが、フラッシュバックが多用され、異様な連続殺人事件の捜査にのめり込んでゆくベテラン刑事の姿や、主人公2人が監禁されるに至る過程が次第に明らかになる。オーストラリア出身の無名の若者二人組、監督のジェームズ・ワンと、脚本と主演を兼ねたリー・ワネルによるオリジナルのストーリーは、十分に練り上げられたサイコ・サスペンスとも言える展開で、最後の最後まで緊迫感が途切れることはない。

畳み掛けるような恐怖の連続と緻密な演出で、観る側の感覚は麻痺するどころか、痛みすら伴い次第に鋭敏になって行く。2004年のサンダンス映画祭で上映され、バイヤーの争奪戦となったのも頷けるシチュエーション・ホラーの傑作だ。

  • 2004年10月30日 より ヴァージンシネマズ六本木ヒルズ、シネマメディアージュほか全国TOHOシネマズにて

  • 配給:アスミック・エース エンタテインメント
  • 製作国:アメリカ(2004)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ジェームズ・ワン (James Wan)
脚本 リー・ワネル (Leigh Whannell)
エグゼクティブプロデューサー ステーシー・テストロ (Stacey Testro)
製作 グレッグ・ホフマン (Gregg Hoffman) オーレン・クールズ (Oren Koules) マーク・バーグ (Mark Burg)
撮影 デイヴィッド・アームストロング (David Armstrong)
美術 ジュリー・バーゴフ (Julie Berghoff)
音楽 チャーリー・クロウザー (Charlie Clouser)
編集 ケヴィン・グリュータート (Kevin Greutert)
衣装デザイン ジェニファー・スーラージュ (Jennifer Soulages)

■キャスト

俳優名 役名
リー・ワネル (Leigh Whannell)  Adam
ケアリー・エルウィス (Cary Elwes)  Dr. Lawrence Gordon
ダニー・グローヴァー (Danny Glover)  Detective David Tapp
モニカ・ポッター (Monica Potter)  Alison Gordon
マイケル・エマーソン (Michael Emerson)  Zap Hindle
ケン・ラング (Ken Leung)  Detective Steven Sing
マッケンジー・ベガ (Makenzie Vega)  Diana Gordon
ショウニー・スミス (Shawnee Smith)  Amanda
ベニート・マルチネス (Benito Martinez)  Brett
ディナ・メイヤー (Dina Meyer)  Kerry

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!