映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ハウルの動く城

90歳のおばあちゃんの大冒険! 世界を魔法にかける宮崎アニメ最新作

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

魔法と科学が混在するどこかの世界。父が遺した帽子店で働く18歳の少女ソフィーは、ある日、悪名高き魔法使いのハウルに出会う。ハウルの正体はハンサムで心優しい青年だった。だがその晩ソフィーは、ハウルを目の敵にする荒地の魔女に呪いをかけられ、90歳の老婆の姿にされてしまう。家を出たソフィーは、荒地を歩くうちに一軒の家に迷い込む。実はそこは、人々が恐れる“ハウルの動く城”だったのだ。ソフィーは住み込みの家政婦となり、ハウルや弟子のマルクル、城の動力源である炎のカルシファーたちと奇妙な共同生活を始めるが…。



■解説

宮崎駿監督とスタジオ・ジブリの3年振りの新作は、イギリスの児童文学を映画化したファンタジー・アドベンチャー。先のベネチア国際映画祭では、グランプリは逃したもののオゼッラ賞を受賞し、その世界的評価をあらためて証明した。本作の製作に際し、宮崎監督は「老人のためのアニメーション」を目指したという。老いも若きもハツラツと生を謳歌するその世界は、温かなユーモアとロマンにあふれ、カカシや炎といった珍妙なキャラクターの魅力も手伝って、これまで以上に若返った印象すら受ける。

一方では反権力・反文明といった生涯の主題も語られているし、宮崎アニメの真髄である“アクションの躍動”にも磨きが掛かっている。アニメの大作が目白押しだった2004年だが、つまるところ、大御所のマジカルな想像力がすべてを締めくくることになりそうだ。

  • 2004年11月20日 より 日比谷スカラ座1、日比谷映画ほか全国東宝洋画系にて

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(2004)
    • ジャンル:
    • アニメーション
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 宮崎駿 (Hayao Miyazaki)
映像演出 奥井敦 (オクイアツシ)
脚本 宮崎駿 (Hayao Miyazaki)
原作 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ (ダイアナ・ウィン・ジョーンズ)
プロデューサー 鈴木敏夫 (Toshio Suzuki)
作画監督 山下明彦 (Akihiko Yamashita) 稲村武志 (イナムラタケシ) 高坂希太郎 (コウサカキタロウ)
美術 武重洋二 吉田昇 (ヨシダノボル)
音楽 久石譲 (ヒサイシジョウ)
録音演出 若林和弘 (Kazuhiro Wakabayashi)
整音 井上秀司 (イノウエシュウジ)
色彩設計 保田道世
出演(声) 倍賞千恵子 (Baisho Chieko) 木村拓哉 (Takuya Kimura) 美輪明宏 (ミワアキヒロ) 我修院達也 (ガシュウインタツヤ) 神木隆之介 (Ryunosuke Kamiki) 伊嵜充則 (Mitsunori Isaki) 大泉洋 (Yo Oizumi) 大塚明夫 (オオツカアキオ) 原田大二郎 (ハラダダイジロウ) 加藤治子 (カトウハルコ)
ハーモニー 高屋法子 (Noriko Takaya)
動画チェック 舘野仁美 (Hitomi Tateno) 中込利恵 (Rie Nakagome)
宣伝特別顧問 徳山雅也 (Masaya Tokuyama)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!