映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • くりいむレモン

  • R-15

初恋の人はお兄ちゃんでした…。伝説の美少女アニメが実写映画に!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

野々村亜美は17歳の高校生。持病の喘息で学校を早退した亜美が家に帰ると、2歳年上の兄ヒロシが大学にも行かずベッドにもぐり込んでいた。兄の寝顔をじっと見つめる亜美。両親の連れ子で血のつながっていない兄妹の間には、誰にも打ち明けられない特別な感情が芽生えていた。両親の海外出張で2人きりになった夜、お互いを意識してぎこちなく言葉を交わす兄と妹。数日後、亜美が風邪で寝込み、看病していたヒロシにもうつってしまう。熱に浮かされた2人はひとつのベッドに寄り添い、ついに一線を踏み越えてしまうのだった。



■解説

現在ひそかなブームを呼んでいる“妹萌えコミック”。その元祖ともいえる美少女アニメ「くりぃむれもん」が実写映画になった。兄と妹の甘酸っぱくてちょっとエッチな初恋を、夏色の情景にくるんで描いた本作。アダルトなテイストは控え目に、そのぶん胸の奥にツーンと染みるようなセンチメンタルな詩情が際立っている。監督は現在大注目の新鋭・山下敦弘。オフビートな“ダメ男映画”を得意とする山下監督が、本作では恋する2人の心の波動を柔らかにキャッチし、ピュアで切ない青春映画を作り上げた。

主人公の亜美を演じるのは、こちらも期待のニューフェイス・村石千春。少女の無防備な色気を全身から発散し、往年のフレンチ・ロリータ映画を思わせるヒロインを好演。あどけない仕草やトロンとした目つきにノックアウトされる男性観客が続出しそうだ。

  • 2004年9月25日 より テアトル新宿にてレイトショー

  • 配給:バイオタイド
  • 製作国:日本(2004)
    • ジャンル:
    • ラブ・ストーリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 山下敦弘 (Nobuhiro Yamashita)
脚本 山下敦弘 (Nobuhiro Yamashita) 向井康介 (ムカイコウスケ)
製作 関正博 (セキマサヒロ) 松井建始 (マツイケンジ)
プロデューサー 野口周三 (ノグチシュウゾウ) 片山博史 (カタヤマヒロシ) 太田裕輝 (オオタヒロキ)
撮影 近藤龍人 (コンドウリュウト)
美術 西村徹 (ニシムラトオル)
音楽 赤犬 (アカイヌ)
編集 元木隆史 (モトキタカフミ)
衣装デザイン 篠塚奈美 (シノヅカナミ)
その他 永森裕二 (ナガモリユウジ)

■キャスト

俳優名 役名
村石千春 (ムライシチハル)  野々村亜美
水橋研二 (Kenji Mizuhashi)  野々村ヒロシ
根岸季衣 (Negishi Toshie)  野々村遥
大鷹明良 (オオタカアキラ)  表記なし
勝俣幸子 (カツマタサチコ)  由美
三浦アキフミ (Akifumi Miura) 
細江祐子 (ホソエユウコ) 
山本剛史 (ヤマモトツヨシ) 
山本浩司 (ヤマモトヒロシ) 
小沢和義 (Kazuyoshi Ozawa)  担任教師・佐々木

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!