映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • アイ,ロボット

『掟』を破り、暴走を始めたロボットたちが、人間社会を襲うサスペンス・アクション

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

西暦2035年。家庭用新型ロボットNS−5の発売を目前に控えたUSロボティック社で、ロボット工学の第一人者、ラニング博士が謎の死を遂げる。シカゴ市警のスプーナー刑事(ウィル・スミス)は、博士の死をロボットの仕業と読むが、主任のロボット心理学者カルヴィン博士(ブリジット・モイナハン)は『ロボット3原則』を掲げ、人間に危害を加える可能性を全面否定する。そこへ、一体のNS−5が動き出した。それは、3原則をプログラムされていない『特別な』ロボットだった。



■解説

本作は、SF小説家、アイザック・アシモフの「われはロボット」をモチーフにした近未来アクション。アシモフが作品の中で考え出した「ロボット3原則」(人間に危害を加えない、人間の命令に服従する、前の2条に反しない限り、自己を守る)を軸に、合理社会の落とし穴と人間の過信の怖さを、壮大なエンターテイメントとして描いていく。

ロボット嫌いのスプーナーにはウィル・スミス。頑なにロボットを信じるカルヴィン博士を演じるのは、女優として実力をあげてきたブリジット・モイナハン。2人が、感情を持つロボット、サニーと心を通わせていく様子は、SFの苦手な女性観客にも強く訴えかけるだろう。2003年製のコンバース・シューズが“ヴィンテージ”となってしまう30年後の未来、果たして現実の世界は、ロボットにあふれたメタリックな景色と、合理的な日常に囲まれているのだろうか?

  • 2004年9月18日 より 日劇1ほか全国東宝洋画系にて

  • 配給:20世紀フォックス映画
  • 製作国:アメリカ(2004)
    • ジャンル:
    • SF/ファンタジー
    • |
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 アレックス・プロヤス (Alex Proyas)
脚本 ジェフ・ヴィンター (Jeff Vintar) アキヴァ・ゴールズマン (Akiva Goldsman)
原作 アイザック・アシモフ (Isaac Asimov)
エグゼクティブプロデューサー ウィル・スミス (Will Smith) ジェームズ・ラシター (James Lassiter)
製作 ローレンス・マーク (Laurence Mark) ジョン・デイヴィス (John Davis) トファー・ダウ (Topher Dow) ウィク・ゴッドフリー (Wyck Godfrey)
撮影 サイモン・ダガン (Simon Duggan)
美術 パトリック・タトポロス (Patrick Tatopoulos)
音楽 マルコ・ベルトラミ (Marco Beltrami)
編集 リチャード・リーロイド (Richard Learoyd) アーメン・ミナシアン (Armen Minasian) ウィリアム・ホイ (William Hoy)
衣装デザイン エリザベス・キーオウ・パーマー (Elizabeth Keogh Palmer)

■キャスト

俳優名 役名
ウィル・スミス (Will Smith)  Del Spooner
ブリジット・モイナハン (Bridget Moynahan)  Susan Calvin
アラン・テュディック (Alan Tudyk)  Sonny
ジェームズ・クロムウェル (James Cromwell)  Dr. Alfred Lanning
ブルース・グリーンウッド (Bruce Greenwood)  Lawrence Robertson
エイドリアン・L・リカード (Adrian Ricard)  Granny
チィ・マクブライド (Chi McBride)  Lt. John Bergin
フィオナ・ホーガン (Fiona Hogan)  V.I.K.I
シャイア・ラブーフ (Shia LaBeouf)  Farber

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!