映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 犬猫('04)

仲がいいのか悪いのかわからない、そんな2人の幼なじみの女の子。さりげない日常をサラリと描いた作品

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

東京の近郊のどこか。1年間中国へ行くというアベチャンの留守を預かるため、友だちのヨーコが一軒家にやってきた。そこへ恋人の古田との暮らしが嫌になって飛び出したスズも転がり込んでくる。幼なじみというヨーコとスズだが、態度はよそよそしい。内向的で男性にも奥手なヨーコに対して、外向的であっけらかんとしたスズ。性格は正反対だが、なぜかオトコの好みは昔から同じ。過去に古田をめぐってのトラブルがあったようだ。なんとか2人暮しが始まるが…。



■解説

ぴあフィルムフェスティバル2001で企画賞を受賞し、反響を生んだ8ミリ作品『犬猫』を、井口監督がみずからリメイク。「犬猫」とはどこにでもいる代名詞のような意味合いで、この映画の主人公ヨーコとスズのように、私たちのごく身近にいそうなフツーのオンナのコのこと。また対照的な2人の性格を、イヌとネコ見立てているともいえる。私たちは映画の中で大きな事件が起きることに慣れてしまっているが、実際の自分の日常を見てみれば、人から見たら些細なことが重大事件のハズ。

この作品はそうした日常のほんの一瞬を、冷静に、そして愛情を持って見つめている。「かわいい女の子が出ている映画が好き」という井口監督が言うように、この映画でストーリーを押し進めていく主体はあくまでも女の子たち。男たちはその周辺で漂っているに過ぎない。この女の子2人の組み合わせは、アメリカ映画『ゴーストワールド』の2人のように魅力的だ。

  • 2004年12月4日 より 渋谷シネ・アミューズほか全国にて順次公開

  • 配給:ビターズ・エンド
  • 製作国:日本(2004)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 井口奈己 (Nami Iguchi)
脚本 井口奈己 (Nami Iguchi)
プロデューサー 榎本憲男 (エノモトノリオ) 西ヶ谷寿一 (ニシガヤトシカズ)
撮影 井口奈己 (Nami Iguchi) 鈴木昭彦 (スズキアキヒコ)
美術 松塚隆史 (マツヅカタカシ)
音楽 鈴木惣一郎 (スズキソウイチロウ)
録音 真弓信吾 (マユミシンゴ)
照明 臼井勝 (ウスイマサル)
その他 湯川潮音 (ユカワシオネ) 中澤正英 (ナカザワマサヒデ) 橋本庸子 (ハシモトヨウコ)

■キャスト

俳優名 役名
榎本加奈子 (エノモトカナコ)  ヨーコ
藤田陽子 (フジタヨウコ)  スズ
忍成修吾 (Shugo Oshinari)  三鷹
小池栄子 (Eiko Koike)  アベチャン
西島秀俊 (Hidetoshi Nishijima)  古田
小松留美 (コマツルミ)  関口
三浦義親 (ミウラヨシノリ)  花屋の店員
塩谷恵子 (シオノヤケイコ)  スーパーの店員
矢口純子 (ヤグチジュンコ)  石沢
井口昇 (Noboru Iguchi)  バスの男

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!