映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 嵐来たり去る

富田常雄の小説を舛田利雄が監督が映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

明治37年、日露戦争たけなわの頃、峰家の長男勇一郎は召集された。勇一郎は親友の英五郎に、弟浩と妹千加子の相談役を堅く頼んでいった。というのも、父の謙吉は金儲けと女遊びに家をかえりみず、母の時子は出が子爵の家柄で、金で謙吉のところに嫁いだため、夫謙吉をこばかにし、謙吉が女中咲に生ました義弟浩を追い出し、妹千加子を、白痴の伯爵の息子と政略結婚させようとしていたからだった。英五郎は、勇一郎に浩と千加子の親代りになると誓った。だが、それを知った時子は、たかが板前ふぜいがと、英五郎に峰家への出入りを禁止させた。



■解説

報知新聞に連載していた富田常雄の小説を、『嵐を呼ぶ男(1966)』の池上金男と、『白昼の惨殺』の星川清司が共同で脚色し、『星よ嘆くな 勝利の男』の舛田利雄が監督した時代もの。撮影は『夜霧よ今夜も有難う』の横山実。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1967)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 舛田利雄 (Toshio Masuda)
脚色 池上金男 (イケガミカナオ) 星川清司 (ホシカワセイジ)
原作 富田常雄 (トミタツネオ)
企画 山本武 (ヤマモトタケシ)
撮影 横山実 (ヨコヤマミノル)
美術 木村威夫 (Takeo Kimura)
音楽 真鍋理一郎 (マナベリイチロウ)
録音 橋本文雄 (ハシモトフミオ)
照明 藤林甲 (フジバヤシコウ)
編集 井上親弥 (Chikaya Inoue)
スチール 井本俊康

■キャスト

俳優名 役名
石原裕次郎 (Yujiro Ishihara)  富坂の英五郎
浅丘ルリ子 (Asaoka)  小春
沢たまき (サワタマキ)  八重
安部徹 (Tooru Abe)  峰謙吉
富永美沙子 (トミナガミサコ)  峰時子
葉山良二 (ハヤマリョウジ)  峰勇一郎
藤竜也 (Tatsuya Fuji)  峰浩
光川環世 (ミツカワタマヨ)  峰千加子
青木義朗 (アオキヨシロウ)  小松川伝蔵
長門裕之 (Hiiroyuki Nagato)  猿の銀次
藤岡重慶 (フジオカジュウケイ)  七尾中佐
三津田健 (ミツダケン)  大友嘉助
東恵美子 (アズマエミコ)  お咲
久遠利三 (クドウトシゾウ)  脇板千吉
亀山靖博 (カメヤマヤスヒロ)  煮方勇作
立川博   焼方善助
大庭喜儀   洗い方勝造
長浜鉄平 (ナガハマテッペイ)  追廻し三太
柳瀬志郎 (ヤナセシロウ)  金貸しの男
堺美紀子 (サカイミキコ)  置屋の女将
河野弘 (コウノヒロシ)  小松川子分末松
木島一郎 (キジマイチロウ)  小松川子分小鉄
黒田剛   小松川子分弥助

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!