映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 世界はときどき美しい

日常のさりげないシーンの中にある、そこはかとない美しさやせつなさを切り取った映像詩

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

38歳のヌードモデル、野枝。自分をモデルにした絵を前に、自らを語り続ける……『世界はときどき美しい』。大阪は新世界の飲み屋を梯子するオヤジ、付いたあだ名は「蝿男」。彼は毎日酒を飲み、そして路上で眠る……『蝿男』。セックスの後、会話がかみ合わない男女。本当の気持ちは、自分にもわからない……『彼女の好きな孤独』。ほか、『スナフキン リバティ』『生きるためのいくつかの理由』の2編を収録したオムニバス作品。



■解説

フランスの詩人、ジャック・プレヴェールの詩篇「われらの父よ」より引用された言葉をタイトルに持つこの作品。誰しもが覚えのあるような日常的な体験や、どこかで見たことがあるような人物の姿を、透明感を感じさせる美しい映像で描き出している。対象に肉迫するその透徹した目線は、どこかドキュメンタリー作品を思わせる。それもそのはず、本作が劇場用映画デビューとなる御法川修監督は、これまでにミュージック・クリップやドキュメンタリーを手がけてきたという。松田美由紀、柄本明、松田龍平ら、ちょっとくせのある俳優たちの魅力を見事に引き出し、市川実日子、片山瞳ら、女優の生々しい表情を引き出した手腕はなかなかのものだ。

  • 2007年3月31日 より ユーロスペース(レイト)ほか全国にて順次公開

  • 配給:ユナイテッド・エンタテインメント
  • 製作国:日本(2003)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 御法川修
脚本 御法川修
企画 長澤秀俊 (ナガサワヒデトシ)
製作 棚橋淳一 (タナハシジュンイチ) 中島仁 (ナカジマヒトシ) 長田安正
製作主任 桜井恵夢
プロデューサー 西健二郎 (ニシケンジロウ)
協力プロデューサー 本多徹至 (ホンダテツシ) 木下知子 (キノシタトモコ)
撮影 芦澤明子 (アシザワアキコ)
美術 露木恵美子 (ツユキエミコ)
音楽監修 大木雄高 (オオキユタカ)
主題歌 鈴木慶江 (スズキノリエ)
録音 森英司 (モリエイジ)
音響 高木創 (タカギツクル)
照明 木村公義 (キムラキミヨシ)
編集 時森茂和 (トキモリシゲカズ)
衣裳 宮本まさ江 (Masae Miyamoto)
ヘアメイク 小沼みどり (オヌマミドリ)
キャスティング 安部実奈 (アベミナ)
製作進行 大町綾子 (オオマチアヤコ)
監督補 甲斐聖太郎 (カイセイタロウ)
助監督 西海謙一郎 (ニシウミケンイチロウ) 佐高美智代 (サタカミチヨ) 瀬戸慎吾 (セトシンゴ)
写真 大橋愛 (オオハシアイ)
タイトルデザイン 小山泰 (コヤマヤスシ)
イラストレーション 浅見ハナ (アサミハナ)
裸婦画 カワニシタカヒ (カワニシタカヒ)
ドローイング 黒田征太郎 (クロダセイタロウ)
脚本協力 西野智昭 (ニシノトモアキ)
ガラス造型作家 鶴田安芸子 (ツルタアキコ)
フラワーアレンジ 長澤牧子 (ナガサワマキコ)
彗星写真 沼尻裕 (ユタカヌマジリ)

■キャスト

俳優名 役名
松田美由紀 (マツダミユキ)  野枝
柄本明 (Akira Emoto)  蝿男
安田蓮 (ヤスダレン)  ハナタレ小僧
川名正博 (カワナマサヒロ)  バーのマスター
戸辺俊介 (トベシュンスケ)  バーテンダー
時任歩 (トキトウアユム)  仕事帰りのホステス
遠山景織子 (Toyama Kyoko)  スナックのべっぴんママ
尾美としのり (Toshinori Omi)  スナックの酔客
片山瞳 (カタヤマヒトミ)  まゆみ
瀬川亮 (セガワリョウ)  邦郎
松田龍平 (Ryuhei Matsuda)  柊一
浅見れいな (アサミレイナ)  朋子
あがた森魚 (アガタモリオ)  野辺山教授
桑代貴明 (クワシロタカアキ)  幼い頃の柊一
市川実日子 (Ichikawa Mikako)  花乃子
木野花 (Kino Hana)  静江(花乃子の母)
草野康太 (クサノコウタ)  大輔(花乃子の兄)
南加絵 (ミナミカエ)  カフェの店員
鈴木美妃 (スズキミキ)  花乃子の友人

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!