映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • お友達になりたい

桜の花の満開の下、女と女と男が出会って…

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

夫の三回忌を終えたばかりの佳恵(佐々木麻由子)のマンションに、隣室に越してきた若い女・容子(藤川美和)が挨拶にくる。そこへ、最近、佳恵が親しくしている男・榊(大野金繁)も訪ねてきて3人で食事を伴にする。偶然、榊は容子の務める弁護士事務所で自己破産の手続きをとったばかりで2人は顔見知りだった。これをきっかけに一緒に過ごす時間が増える3人。程なくして容子は、佳恵の留守中、榊と寝てしまう。榊からそのことを打ち明けられた佳恵は嫉妬に駆られるが、実は、容子が亡き夫の愛人だったことを知り…。



■解説

自分は賢くないと思い込み、自信がもてない佳恵、奔放に生きているようで、進むべき道を見出せず苛立っている容子、すかんぴんでも超然しているが、実は本業から遠ざかって久しい映画監督の榊。三人三様の心に抱えるもやもやが、お互いに深く係わることで、少しずつ晴れて行く。まさに、運命の出会いを官能的に描いた作品だ。特に、男を挟んだ三角関係にある女と女が、複雑な感情を抱きながらも、友情を築いてゆく様はなかなか奥深い。

原作は、脚本家・神山由美子の城戸賞受賞作。映画化に当たっての脚本は、『卍』『眠れる美女』の横山博人監督に脚本執筆を師事した藤川美和が担当。彼女は、容子役として女優もこなしている。これまで数多くのピンク映画を手がけてきた荒木太郎監督が、全編福岡ロケに徹した初の一般映画作品でもある。

  • 2004年7月17日 より シネマアートン下北沢にてレイトショー

  • 配給:アトリエ・キャット
  • 製作国:日本(2003)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 荒木太郎 (アラキタロウ)
脚本 藤川美和 (フジカワミワ)
原作 神山由美子
プロデューサー 掛須秀一 (カケスシュウイチ) 秀島康夫 (ヒデシマヤスオ)
撮影 小山田勝治
録音 小林徹哉 (コバヤシテツヤ)
編集 浦岡敬一 (Keiichi Uraoka)
助監督 田中康文 (タナカヤスフミ)

■キャスト

俳優名 役名
佐々木麻由子 (ササキマユコ)  漆原佳恵
藤川美和 (フジカワミワ)  佐藤容子
大野金繁 (オオノカネシゲ)  榊豊

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!