• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『それいけ!アンパンマン 夢猫の国のニャニイ/併映:つきことしらたま〜ときめきダンシング〜』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • それいけ!アンパンマン 夢猫の国のニャニイ/併映:つきことしらたま〜ときめきダンシング〜

不思議な子猫、ニャニイを助けるためにアンパンマンの大冒険が始まる!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

100年に一度、ドリーム彗星がアンパンマン・ワールドに近づくある日、メロンパンナちゃんは不思議な卵の夢を見た。朝、目がさめてビックリ!その卵が、本当に目の前にあった!!中から飛び出したのは、子猫のニャニイ。その日からメロンパンナちゃんはニャニイを一生懸命育てる。でも、ニャニイは夢猫の国の特別な存在。大事な役目を背負っていた。一方、夢猫の国ではバイキンマンたちが大暴れ。悪夢怪物ムーマを甦らせてしまった…。



■解説

劇場版シリーズもこれで16作目。夏休みをひかえさらに盛り上がりを見せているアンパンマンの最新作が登場。愛と正義のためにどんな困難も乗り越えるスーパーヒーローの大活躍は、子どもだけではなく大人でも十分に楽しめる。今回の主役は、不思議な“夢猫の国”からやって来たかわいい赤ちゃん猫、ニャニイ。ニャニイとメロンパンナちゃんのふれあいを中心に、アンパンマンと仲間たちの大冒険が繰り広げられる。ニャニイを帰すために、夢猫の国へと向かうアンパンマンたちだったが、いつものようにバイキンマンが何やら企んでいるようで…。魔法の光線でネコに変身させられてしまうアンパンマンたちがとてもキュート。アッと驚く映像にも注目しよう!

また、同時上映の『つきことしらたま〜ときめきダンシング〜』には、元モーニング娘。の石黒彩がゲスト出演。歌と踊りがいっぱいの華麗なレビューを楽しく繰り広げる。

  • 2004年7月17日 より 銀座テアトルシネマほか全国にて順次公開

  • 配給:東京テアトル=メディアボックス
  • 製作国:日本(2004)
    • ジャンル:
    • アニメーション

■スタッフ

監督 矢野博之 (ヤノヒロユキ)
演出 島崎奈々子 (シマザキナナコ)
脚本 金春智子
原作 やなせたかし (Takashi Yanase)
企画 奥田誠治 (オクダセイジ)
製作 加藤俊三 (カトウ)
プロデューサー 山崎喜一朗 (ヤマザキキイチロウ) 尾崎穏通 (オザキ) 小野利恵子 (オノリエコ)
キャラクター・デザイン 前田実 (マエダミノル)
美術 横山幸博 (ヨコヤマユキヒロ) 砂川千里
音楽 いずみたく 近藤浩章 (コンドウヒロアキ)
音楽プロデューサー 武田貢一 (タケダコウイチ) 千石一成 (センゴクカズナリ) 平川智司 (ヒラカワサトシ)
音響効果 糸川幸良 (イトカワユキヨシ)
編集 鶴渕允寿 鶴渕和子 (ツルフチカズコ)
その他 前田実 (マエダミノル) 久保雄輔 (クボユウスケ) 小川みゆき (オガワミユキ) 小林三紀子 (コバヤシミキコ) 野村哲史 (ノムラテツシ) 小野田博之 (オノダヒロユキ) 白尾仁志 (シラオヒトシ) トムス・フォト 山田知明 (ヤマダトモアキ) 鈴木清司 (スズキセイジ) やなせたかし (Takashi Yanase) 三木たかし (ミキタカシ) 林好美 大道博政 金井てるみ (カナイテルミ) 山崎大輔 ドリーミング ニャニイ (ニャニイ)
特殊効果 P・R・O (ピー・アール・オー)
出演(声) 戸田恵子 (Toda Keiko) 中尾隆聖 (ナカオリュウセイ) かないみか 西村知美 (ニシムラトモミ) 西尾拓美 (ニシオタクミ) 増岡弘 (マスオカヒロシ) 佐久間レイ (サクマレイ) 山寺宏一 (ヤマデラコウイチ) 鶴ひろみ (ツルヒロミ) 島本須美 (シマモトスミ) 柳沢三千代 (ヤナギサワミチヨ) 冨永みーな (トミナガミーナ) 長沢美樹 (ナガサワミキ) 肝付兼太 (キモツキカネタ) 坂本千夏 (サカモトチカ) 原えりこ (ハラエリコ) 中村ひろみ (ナカムラヒロミ) 泉久美子 (イズミクミコ)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!