映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • セイブ・ザ・ワールド

花婿の父はアンダカバー! オヤジコンビが救うのは世界か家族か?

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

自称コピー機のセールスマン、スティーブ・トバイアス。その正体は、国際的な武器密輸組織の摘発を狙うCIAの潜入捜査官。世界を飛び回る彼に、頭の痛い問題が持ち上がった。密輸組織との取引の日取りが、一人息子のマークの結婚式と重なってしまったのだ。仕事にかまけて父親らしいことをしてこなかっただけに、今回はどうしても息子のために結婚式に出席しなくてはならない。だがスティーブは、両家の顔合わせの場で新婦の父ジェリーに正体を見破られてしまう。ジェリーは娘の結婚を取り止めると騒ぎ出すが…。



■解説

マイケル・ダグラスとアルバート・ブルックス。両ベテラン俳優の異色競演で贈る本作は、CIAエージェントの活躍を描くスパイアクションと、息子の結婚式を巡るファミリーコメディをかけ合わせたユニークな作品。この着想はピーター・フォーク、アラン・アーキン主演の『あきれたあきれた大作戦』(1979年)からの引用である。

「仕事と家庭」といえば、今も昔もオヤジを悩ます最大のテーマ。それも「世界平和と息子の結婚」となれば、ことさらに悩ましい。そんな重大局面に会した中年コンビの奮闘を、決して大上段に構えず、ひと昔前のバディ・ムービー風につづったところが本作の魅力となっている。中盤以降の展開はややバタつく印象もあるが、それを一息に「洗い流す」ラストもお見事。近頃あまりお目にかからない、軽やかな観賞感を与えてくれる作品だ。

  • 2004年6月26日 より 有楽町スバル座ほか全国にて

  • 配給:ギャガ=ヒューマックス
  • 製作国:アメリカ(2003)
    • ジャンル:
    • アクション
    • |
    • コメディ
    • |
    • ドラマ

■スタッフ

監督 アンドリュー・フレミング (Andrew Fleming)
脚本 ナット・モールディン (Nat Mauldin) エド・ソロモン (Ed Solomon)
オリジナル脚本 アンドリュー・バーグマン (Andrew Bergman)
製作総指揮 デヴィッド・コーツワース (David Coatsworth) オリヴァー・ヘングスト (Oliver Hengst) アンドリュー・スティーヴンス (Andrew Stevens)
製作 ビル・ゲーバー (Bill Gerber) エリー・サマハ (Elie Samaha) ジョエル・サイモン (Joel Simon) ビル・トッドマン・ジュニア (Bill Todman Jr.)
撮影 アレクサンダー・グルジンスキー (Alexander Gruszynski)
音楽 クラウス・バデルト (Klaus Badelt) ジョン・パウエル (John Powell) ジェームズ・S・レヴィン (James S. Levine)
ポール・マッカートニー (Paul McCartney)

■キャスト

俳優名 役名
マイケル・ダグラス (Michael Douglas)  Steve Tobias
アルバート・ブルックス (Albert Brooks)  Jerry Peyser
ロビン・トゥーニー (Robin Tunney)  Angela Harris
ライアン・レイノルズ (Ryan Reynolds)  Mark Tobias
キャンディス・バーゲン (Candice Bergen)  Judy Tobias
リンゼイ・スローン (Lindsay Sloane)  Melissa Peyser
マリア・リコッサ (Maria Ricossa)  Katherine Peyser
デヴィッド・スーシェ (David Suchet)  Jean-Pierre Thibodoux

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!