映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 座頭市 牢破り

“座頭市”シリーズ第16作目

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

一宿一飯の恩義から富蔵親分の使いに立った座頭市は、相手の朝五郎親分の気っぷのいい態度に難題をまとめることができたのだが、朝五郎を追い落す機会だと、もめごとが起るのを待っていた富蔵の反感を買った。おまけに市が、百姓を大切にする朝五郎に惚れて頼まれもしないのにインチキ賭博の人質にとられていた百姓を富蔵の手から助け出したことから、頭にきた富蔵は子分の貞松や仁三郎らに市を襲わせた。彼らが市の居合にかなうはずもなかった。市はその夜、千葉周作直伝の腕を持ちながら、国の大本は農にありと剣を捨てて土地の百姓たちと農業に励む大原秋穂を知った。



■解説

子母沢寛の原作を、『花を喰う蟲』の中島丈博、新人の松本孝二と猿若清方の3人が共同で脚色にあたり、『にせ刑事』の山本薩夫が監督した“座頭市”シリーズ第16作目。撮影は『ある殺し屋』の宮川一夫で、勝プロ第一回作品である。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1967)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇
    • |
    • アクション

■スタッフ

監督 山本薩夫 (Satsuo Yamamoto)
脚色 中島丈博 (ナカジマタケヒロ) 松本孝二 (マツモトコウジ) 猿若清方
原作 子母沢寛 (シモザワカン)
企画 伊藤武郎 (イトウタケオ) 宮古とく子 (ミヤコトクコ)
製作 永田雅一 (Masaichi Nagata)
撮影 宮川一夫 (Kazuo Miyagawa)
美術 西岡善信 (ニシオカヨシノブ)
音楽 池野成
録音 林土太郎 (ハヤシツチタロウ)
照明 中岡源権 (ナカオカゲンコン)
編集 菅沼完二 (スガヌマカンジ)
スチル 藤岡輝夫

■キャスト

俳優名 役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)  座頭市
三國連太郎 (Rentaro Mikuni)  清滝の朝五郎
西村晃 (ニシムラコウ)  須賀畝四郎
浜田ゆう子 (ハマダユウコ)  志乃
藤岡琢也 (フジオカタクヤ)  座頭三次
石山健二郎 (イシヤマケンジロウ)  口入屋辰五郎
鈴木瑞穂 (Mizuho Suzuki)  大原秋穂
遠藤辰雄 (エンドウタツオ)  岩井の富蔵
細川俊之 (Toshiyuki Hosokawa)  洲の崎の仁三郎
松下達夫 (マツシタタツオ)  山源
酒井修 (サカイオサム)  貞松
三木本賀代 (ミキモトカヨ)  ゆき
早川雄三 (ハヤカワユウゾウ)  斎藤兵庫
玉川良一 (タマガワリョウイチ)  仙右衛門
古川緑九   座頭金作
鳳啓助 (オオトリケイスケ)  座頭甚助
京唄子 (キョウウタコ) 
守田学 (モリタマナブ)  羽闘の鉄
矢野宣 (ヤノセン)  百姓善八
水島真哉 (ミズシマシンヤ)  百姓又七
水原浩一 (ミズハラコウイチ)  百姓伍平
伊達三郎 (Saburo Date)  山源の番頭
木村玄   百姓房次郎
毛利郁子 (モウリイクコ)  せい

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!