映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 博奕打ち殴り込み

“博奕打ち”シリーズ第5作目

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

大正の末、巷では滝川組を壊滅させた矢島組の客分小嵐幸次郎の噂でもちきりだった。しかしこの事件には陰の男が幸次郎に加勢していた。その男三浦吉五郎はこの殴り込みの際、重傷を負い病院にかつぎ込まれ、幸次郎がすべての罪を負って自首したのだった。やがて幸次郎は木戸源一家の若衆昭一と共に出獄、すぐさま吉五郎を探すことになった。矢島一家の招きで金井会長を頭とする侠勇会の結成祝に顔を出した幸次郎は、その席上で吉五郎の行方を尋ねたが誰一人知るものはなかった。



■解説

『博奕打ち 総長賭博』の笠原和夫がシナリオを執筆し、『人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊』の小沢茂弘が監督した“博奕打ち”シリーズ第5作目。撮影は『尼寺マル秘物語』の赤塚滋。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1968)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇

■スタッフ

監督 小沢茂弘 (オザワシゲヒロ)
脚本 笠原和夫 (Kazuo Kasahara)
企画 俊藤浩滋 (Koji Shundo) 橋本慶一
撮影 赤塚滋
美術 井川徳道 (イカワノリミチ)
音楽 津島利章 (ツシマトシアキ)
録音 溝口正義 (ミゾグチマサヨシ)
照明 増田悦章 (マスダヨシアキ)
編集 堀池幸三
スチール 杉本昭三 (スギモトショウゾウ)

■キャスト

俳優名 役名
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)  小嵐幸次郎
加東大介 (カトウダイスケ)  三浦吉五郎
松尾嘉代 (マツオカヨ)  お珠
石山健二郎 (イシヤマケンジロウ)  木戸源太郎
名和宏 (ナワヒロシ)  江川益男
玉川良一 (タマガワリョウイチ)  国分昭一
遠藤辰雄 (エンドウタツオ)  石田武市
山本麟一 (ヤマモトリンイチ)  石田勘次
待田京介 (マチダキョウスケ)  石田太三郎
河津清三郎 (カワヅセイザブロウ)  金井長五郎
山岡徹也 (ヤマオカテツヤ)  矢島徳治
丘路千   染井
志賀勝 (シガマサル)  為勝
西田良 (ニシダリョウ)  メリケンの六
阿波地大輔 (アワジダイスケ)  ハッパ松
汐路章 (Akira Shioji)  タコ常
夢路いとし (ユメジイトシ)  看守A
喜味こいし (キミコイシ)  看守B
大木勝 (オオキマサル) 
野口泉 (ノグチイズミ)  梅吉
川谷拓三 (カワタニタクゾウ)  新八
桑原幸子 (クワバラユキコ)  春江
山田桂子 (ヤマダケイコ)  お佐久
鶴久子 (ツルヒサコ)  看護婦
平参平 (タイラサンペイ)  上島
高並功   旅人A
小山真士   旅人B
蓑和田良太 (ミノワダ)  安蔵
浪花五郎 (ナニワゴロウ)  滝川親分
木谷邦臣   子分
楠本健二 (クスモトケンジ)  杉山
有川正治 (アリカワマサハル)  木塚
郡須伸太郎   藤野
村居京之輔   青山
唐沢民賢 (カラサワミンケン)  警察署長
林彰太郎 (ハヤシショウタロウ)  川津

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!