映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • タカダワタル的

呑んで唄って35年。伝説のフォーク・シンガー高田渡の“素晴らしき哉、人生!”

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1970年、時はフォーク・ブームの真っ只中。第2回中津川フォークジャンボリーのステージには、風刺の効いた一節を呟くように唄う青年の姿があった。それから30年。東京・下北沢のライブ会場に様々な世代の人々が集まってくる。満員の観客の前にのっそり登場した初老の男。この御仁こそあの中津川のステージで唄っていた青年、現在の高田渡である。「いやだなぁ〜やめたいなぁ〜なんて思いながら、35年くらい唄ってます」おなじみの名調子に喝采が沸き起こる中、伝説のフォーク・シンガーはギターをつま弾き始めた…。



■解説

1960年代後半から70年代にかけ、岡林信康、小室等、泉谷しげる、三上寛らとともに日本のフォークを牽引した高田渡。本作は、現在もマイペースな活動を続ける高田の日常を追ったドキュメンタリーである。フォークというと政治的なメッセージを唄う反動音楽の印象が強いが、劇中の高田はそうしたきな臭さとは無縁の境地にある。1975年生まれのタナダユキ監督はフォーク全盛の頃を知らない世代。それゆえ感傷に流されることなく、現在の高田のありのままを映している。

酒を呑み、孫を抱き、町を歩く。そんな男が唄う人生の情景は、「オヤジ」「スローライフ」といった流行のタームを超えて、ただ一個の人間としての生のリアリティを主張する。いつの時代も人々を魅了してきたタカダワタル的人生讃歌、その優しくも逞しい歌声にじっくりと聞き入って欲しい。

  • 2004年4月3日 より テアトル新宿にてレイトショー

  • 配給:アルタミラピクチャーズ
  • 製作国:日本(2003)
    • ジャンル:
    • ドキュメンタリー
    • |
    • Music/ミュージカル
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 タナダユキ (Yuki Tanada)
企画 柄本明 (Akira Emoto)
製作 桝井省志 (マスイショウジ) 小形雄二 (オガタユウジ)
プロデューサー 土本貴生 (ツチモトタカオ)
音楽 高田渡 (タカダワタル)
録音 郡弘道 (コオリヒロミチ)
編集 三橋寿美代
その他 長田勇市 (ナガタユウイチ) 田尻浩司 (タジリコウジ) 斎藤昌利 (サイトウマサトシ) テリー 徳竹敏之 (トクタケトシユキ) 武内正幸 (タケウチマサユキ) 山地健仁 (ヤマジケンジ) 清水利恭 (シミズトシヤス) 鳥光浩樹 (トリミツヒロキ)
スチール 鈴木愛子 (スズキアイコ)

■キャスト

俳優名 役名
高田渡 (タカダワタル) 
松田幸一 (マツダコウイチ) 
佐久間順平 (サクマジュンペイ) 
ロケット・マツ (ロケット・マツ) 
松永孝義 (マツナガタカヨシ) 
高田漣 (タカダレン) 
中川イサト (ナカガワイサト) 
坂庭省悟 (サカニワショウゴ) 
シバ (Shiva) 
大庭珍太 (オオバチンタ) 
アンサン (Annsan) 
坂田明 (サカタアキラ) 
柄本明 (Akira Emoto) 
中川五郎 (ナカガワゴロウ) 
山崎ハコ (ヤマザキハコ) 
ベンガル (Bengaru) 
角替和枝 (ツノガエカズエ) 
蛭子能収 (エビスヨシカズ) 
綾田友惠 (アヤタトモエ) 
佐野史郎 (Shiro Sano) 
大杉漣 (Ren Osugi) 
牧裕 (マキユタカ) 
田川律 (タガワタダシ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!