映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ル・ディヴォース〜パリに恋して〜

ジェームズ・アイヴォリー監督が描く、パリのアメリカ人姉妹の恋は、特別にロマンティック!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

カリフォルニア生まれのイザベル(ケイト・ハドソン)は、妊娠した姉ロクサーヌ(ナオミ・ワッツ)を訪ねてパリにやってくる。ところが、ロキシーの夫は新しい恋人を作って家出、財産権利の話まで持ちあがり、本格的な離婚の危機に陥ってしまう。一方イザベルは、ロキシーの義理の叔父エドガーと恋に落ちるが、彼は年上の妻子持ちで、おまけに有名なプレイボーイだった。さらに、ロキシーが実家から持ってきた名画を巡り、家族を巻き込んだ離婚騒動は、ますます複雑になっていく…。



■解説

奔放なアメリカ娘を主人公にした恋物語は、一見、ジェームズ・アイヴォリー監督作には思えない作風だが、人間たちの関わりをスマートに、そしてシニカルに描いたところはやはりアイヴォリー的。フランス人から見れば、アメリカはセンスがなくて野蛮。アメリカ人から見れば、フランスの何もかもが気取って見える。そんな相容れないふたつの国で、フランス貴族文化を継承した家庭と、典型的な西海岸のアメリカン・ファミリーの交差を描く面白さが伝わってくる。

イザベル役のケイト・ハドソンは、役柄にぴったりの輝きを放ち、ナオミ・ワッツは繊細だが強い意志を持った詩人の姉を演じきる。恋に生きるフランス人男性陣には、ティエリー・レルミットやロマン・デュリス、ジャン・マルク・バールと豪華な顔ぶれ。米仏のカルチャー・ギャップをスタイリッシュに楽しめる。

  • 2004年5月22日 より 有楽町スバル座ほか全国にて順次公開

  • 配給:20世紀フォックス映画
  • 製作国:アメリカ=フランス(2003)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ジェームズ・アイヴォリー (James Ivory)
脚本 ルース・プラヴァー・ジャブヴァーラ (Ruth Prawer Jhabvala) ジェームズ・アイヴォリー (James Ivory)
原作 ダイアン・ジョンソン (Diane Johnson)
製作総指揮 テッド・フィールド (Ted Field) エリカ・ハギンズ (Erica Huggins) スコット・クルーフ (Scott Kroopf)
製作 イスマイール・マーチャント (Ismail Merchant) マイケル・シファー (Michael Schiffer)
撮影 ピエール・ロム (Pierre Lhomme)
音楽 リチャード・ロビンズ (Richard Robbins)

■キャスト

俳優名 役名
ケイト・ハドソン (Kate Hudson)  Isabel Walker
ナオミ・ワッツ (Naomi Watts)  Roxeanne de Persand
ジャン・マルク・バール (Jean-Marc Barr)  Maitre Bertram
レスリー・キャロン (Leslie Caron)  Suzanne de Persand
ストッカード・チャニング (Stockard Channing)  Margeeve Walker
グレン・クローズ (Glenn Close)  Olivia Pace
ロマン・デュリス (Romain Duris)  Yves
スティーヴン・フライ (Stephen Fry)  Piers Janely
ティエリー・レルミット (Thierry Lhermitte)  エドガル
マシュー・モディン (Matthew Modine) 
メルヴィル・プポー (Melvil Poupaud) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!