映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 父と暮せば

おとったん、ありがと…。父と娘の語らいをつづる、ひたむきな反戦映画

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

終戦から3年後の広島。図書館に勤める美津江(宮沢りえ)は、たった一人の家族だった父親を原爆で喪い、生き残った自分に負い目を感じながら暮らしていた。ある日、原爆の資料を探しに図書館を訪れた青年(浅野忠信)と出会い、互いに惹かれ合うが、美津江は「うちは幸せになってはいけんのじゃ」と自分の心を塞ぎ、青年の誘いを断ろうとする。そんな娘を見かねたのか、その晩から美津江の前に父・竹造(原田芳雄)の幽霊が現れ始める。“恋の応援団長”を名乗る竹造は、あの手この手で娘の心を開かせようとするが…。



■解説

黒木和雄監督の“戦争レクイエム三部作”の完結編となる本作は、井上ひさしの同名戯曲を映画化した反戦ドラマ。戦後の広島を舞台に、原爆で死んだ父と遺された娘の交流を描く。これまでも『TOMORROW/明日』『美しい夏キリシマ』といった作品で、市井の人々と戦争の関わりを描いてきた黒木監督。本作でもそのアプローチは健在で、政治的な視点や大上段なメッセージをいっさい用いず、終始一貫、宮沢りえと原田芳雄が演じる親子の対話を見つめ続ける。

2人の夫婦漫才のような掛け合いが微笑ましく、広島弁の響きも耳に心地よい。それだけにこの対話が、今は亡き父とその死に責任を感じる娘の、免罪を巡る交信なのだという事実が、深い哀しみとなって撥ね返ってくる。「おとったん」と呼びかける娘の笑顔、それが何より雄弁に命の重みを教えてくれる。

  • 2004年7月31日 より 岩波ホールほか全国にて順次公開

  • 配給:パル企画
  • 製作国:日本(2004)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 黒木和雄 (Kazuo Kuroki)
脚色 黒木和雄 (Kazuo Kuroki) 池田眞也 (イケダシンヤ)
原作 井上ひさし (Hisashi Inoue)
企画 深田誠剛 (Seigou Fukada)
製作 石川富康 (イシカワトミヤス) 川城和実 (Kazumi Kawashiro) 張江肇 金澤龍一郎 (カナザワリュウイチロウ) 松本洋一 (マツモトヨウイチ) 鈴木ワタル (スズキワタル)
プロデューサー 河野聡 (カワノサトシ) 木谷奈津子 (コタニナツコ) 桑島雅直 (クワジママサナオ) 大村正一郎 奈良聡久 (ナラトシヒサ) 大橋孝史 (オオハシタカシ)
撮影監督 鈴木達夫 (Tatsuo Suzuki)
美術 安宅紀史 (アタカノリフミ)
装飾 天野竜哉 (アマノタツヤ)
音楽 松村禎三 (マツムラテイゾウ)
録音 久保田幸雄 (クボタユキオ)
音響効果 帆苅幸雄
照明 三上日出志 (ミカミヒデシ)
編集監督 木村威夫 (Takeo Kimura)
編集 奥原好幸 (オクハラヨシユキ)
衣裳 宮本茉莉 (ミヤモトマリ)
指揮 遠崎智宏 (トオザキトモヒロ)
ラインプロデューサー 上原英和 (ウエハラヒデカズ)
助監督 水戸敏博 (ミトトシヒロ)
記録 内田絢子
特殊効果 小林正巳 (コバヤシマサミ) 田中貴志 (タナカタカシ) 大屋哲男 (オオヤテツオ)
VFX マリンポスト (マリンポスト)
特殊メイク 松井祐一 (Yuuichi Matsui)

■キャスト

俳優名 役名
宮沢りえ (Miyazawa Rie)  福吉美津江
原田芳雄 (Yoshio Harada)  福吉竹造
浅野忠信 (Tadanobu Asano)  木下正

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!