映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 王将('73)

“勝新”版、坂田三吉。その波乱の人生を描く

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

明治40年、大阪天王寺、通夫閣を真近に見た棟割長屋に、無学文盲だが将棋だけが滅法強い雪駄職人、坂田三吉が女房・小春と娘・玉江と住んでいた。三吉は毎日、稼業をそっちのけで将棋に熱中し、小春の苦労は年中絶えることがなかった。ある日、三吉のところに、関西将棋同好会主催の全大阪将棋大会の参加通知が来た。喜んだ三吉は、同じ長屋の住人で屋台のうどん屋・新吉から葬式用の紋付羽織を強引に借り、飛ぶようにして会場へ駆けつけた。連戦連勝した三吉は決勝で、当時若手棋士の第一人者である関根金次郎七段と相対した。



■解説

明治40年から大正8年にかけて一介の雪駄作りの職人から裸一貫で身をおこし、後に日本の将棋界を東西に二分し、名人位の覇を競い、人をして関西に王将ありといわしめた将棋の鬼、坂田三吉の波乱にとんだ半生を描く。北条秀司の同名小説の映画化。脚本は『紙芝居昭和史 黄金バットがやって来る』の笠原良三、監督は『激動の昭和史 軍閥』の堀川弘通、撮影は『恋の夏』の逢沢譲がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1973)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 堀川弘通 (Hiromichi Horikawa)
脚本 笠原良三 (カサハラリョウゾウ)
原作 北条秀司
製作 藤本真澄 (Sanezumi Fujimoto) 森岡道夫 (モリオカミチオ)
撮影 逢沢譲 (アイザワユズル)
美術 中古智 (チュウコサトル)
音楽 佐藤勝 (Masaru Sato)
録音 三上長七郎 (ミカミチョウシチロウ)
照明 羽田昭三 (Shozo Hada)
編集 黒岩義民
助監督 河崎義祐 (カワサキヨシスケ)
スチル 橋山直己 (ハシヤマナオミ)

■キャスト

俳優名 役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)  坂田三吉
中村玉緒 (Nakamura Tamao)  坂田小春
音無美紀子 (オトナシミキコ)  坂田玉江
古城門昌美   坂田玉江子供時代
仲代達矢 (Tatsuya Nakadai)  関根八段
藤田まこと (Makoto Fujita)  うどん屋・新吉
谷口完 (タニグチカン)  米仲買・高浜
永井智雄 (Tomoo Nagai)  菊岡博士
田武謙三 (タブケンゾウ)  高利貸・小島
今西正男 (イマニシマサオ)  番頭・田宮
佐々木孝丸 (ササキタカマル)  小林東伯斎
頭師孝雄 (ズシタカオ)  小泉
春江ふかみ (ハルエフカミ)  お兼
桜田千枝子 (サクラダチエコ)  お時
小栗一也 (オグリカズヤ)  小倉
森下哲夫 (モリシタテツオ)  篠原
佐々木勝彦 (Katsuhiko Sasaki)  山田
長沢大   宮松三段
龍崎一郎 (リュウサキイチロウ)  柳沢伯爵
村田英雄 (ムラタヒデオ)  町田
加藤和夫 (カトウカズオ)  医師
泉芙美子 (イズミフミコ)  京都旅館の女中
鈴木治夫 (スズキハルオ)  新聞記者
石浜裕次郎 (イシハマユウジロウ)  金ぶち眼鏡の男
小川安三 (オガワヤスゾウ)  郵便配達夫
宝井琴時   ナレーター

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!