映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

25年目の映画「ドラえもん」は、人間の心にそっと囁きかける、大切なメッセージ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ママに内緒で子犬の「イチ」を飼い始めたのび太。しかし、捨てられていたのはイチだけではなかった。ドラえもんは、捨て犬や捨て猫をタイムマシンに乗せ、3億年前の大自然へ連れて行く。「進化退化放射線」で、イチに生きる術を教え込んだのび太は、「明日また来るよ」と約束し、帰っていった。翌日、再びタイムマシンに乗ったドラえもんたちは、時空の捩れから目的の千年後にたどり着いてしまう。そこは、「進化退化放射線」を使い劇的に進化した、犬と猫たちの国だった!



■解説

世代を超えて愛され続ける「ドラえもん」。劇場版は今年でなんと、25周年を迎える。毎回、様々な危険を乗り越えて大きな感動を与えてくれる劇場版だが、この記念すべき年に作られた新作は、現代の人間社会に大切な何かを教えてくれるストーリー。のび太の優しさが、仲間たちの勇気とガッツが、25年分の輝きを放つ。

人間世界の征服をたくらむ悪役、ネコジャラの声を演じるのは、泉谷しげる。少しお転婆でチャーミングな犬、チーコには島谷ひとみと、ゲスト声優もハマリ役。ドラえもんの切ない恋も登場し、ユニークな物語が展開していく。

  • 2004年3月6日 より 全国東宝系にて

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(2004)
    • ジャンル:
    • アニメーション

■スタッフ

監督 芝山努 (シバヤマツトム)
演出 渡辺歩 (ワタナベアユム) 藤森雅也 (フジモリマサヤ)
その他 渡辺歩 (ワタナベアユム) 外崎真 (ソトザキマコト) 大金修一 (オオカネシュウイチ) 小学館ドラえもんルーム (ショウガッカンドラエモンルーム) 野村達哉 (ノムラタツヤ) 大矢創太 (オオヤソウタ) 大次美則 (オオジヨシノリ) 倉田佳美 (クラタヨシミ) 鈴木浩司 (スズキコウジ) 山田廣明 (ヤマダヒロアキ) 羽鳥貢 (ハドリミツグ) 松澤秀子 (マツザワヒデコ) 末広孝史 (スエヒロタカシ) 下村博文 (シモムラヒロフミ) 上靖夫 (カミヤスオ) 清水としゆき (シミズトシユキ) 沼井信朗 三浦理奈 (ミウラリナ) 垣田由紀子 (カキタユキコ) 笛吹康二 (フエフキコウジ) 庄司雅弘 (ショウジマサヒロ) 芝山努 (シバヤマツトム) 藤森雅也 (フジモリマサヤ) 松谷早苗 (マツタニサナエ) 堀越智子 (ホリゴエトモコ) 川本征平 IKIF+ (IKIF+) 山野さと子 (ヤマノサトコ) 島谷ひとみ (シマタニヒトミ)
作画監督 加来哲郎 (カライテツロウ) 金子志津枝 (カネコシヅエ) 藤森雅也 (フジモリマサヤ) 関根昌之
チーフプロデューサー 山田俊秀 (ヤマダトシヒデ) 木村純一 (キムラジュンイチ)
プロデューサー 小倉久美 大澤正享 濱田千佳 (ハマダチカ) 太田賢司 (オオタケンジ)
原作 藤子・F・不二雄 (フジコエフフジオ)
脚本 岸間信明
撮影監督 熊谷正弘 (クマガイマサヒロ)
編集 岡安肇 (オカヤスハジメ) 小島俊彦 中葉由美子 (ナカハユミコ) 村井秀明 (ムライヒデアキ) 川崎晃洋 (カワサキアキヒロ)
音楽 堀井勝美 (ホリイカツミ)
出演(声) 大山のぶ代 (オオヤマノブヨ) 小原乃梨子 (オハラノリコ) 林原めぐみ (ハヤシバラメグミ) 泉谷しげる (Shigeru Izumiya) 野村道子 (ノムラミチコ) たてかべ和也 (タテカベカズヤ) 肝付兼太 (キモツキカネタ) かないみか 阪脩 (サカオサム) 島谷ひとみ (シマタニヒトミ) 関智一 (セキトモカズ) 江川央生 (エガワヒサオ) 水谷優子 (ミズタニユウコ) 古川登志夫 (フルカワトシオ) 飯塚昭三 (Shozo Iiduka) 山口奈々 (ヤマグチナナ) 大平透 (Toru Ohira) 高村章子 千々松幸子 (チヂマツサチコ) 青木和代 (アオキカズヨ)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!