映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 地球で最後のふたり

タイで暮らす日本人の男とタイ人女性のラブ・ストーリー。そこはかとないユーモアに彩られた静かなる秀作。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

バンコクの日本文化センターに勤めるケンジは、毎日自殺を考えている。今日も部屋で首を吊ろうとしていると、日本でトラブルを起して逃げてきたヤクザの兄のユキオがやってきた。一方、まもなく大阪へ働きに行く予定のタイ人女性ノイは、男の問題で妹のニッドとケンカをしてしまう。車を飛び出したニッドの目の前には、川に身を投げようと思案しているケンジの姿があった…。悲劇がきっかけとなり、ケンジとノイは出合い、2人のストーリーが始まった。



■解説

すべてが几帳面で、整頓されていなければ落ち着かない日本人ケンジは、毎日自殺を試みることによって、その日を生きていく決心をしている。それと対照的なのが、散らかり放題の家に住む、勝ち気なタイ人の女性ノイだ。この2人が「肉親の死」をきっかけに知り合い、心を近づけていく。ブルーを基調としたケンジの部屋、ミニマルな音楽と唐突な暴力、いつもと異なり画面の動きを抑えたクリストファー・ドイルのカメラは、どこか「キタノ映画」を連想する。その抑制されたトーンは見ているものに安らぎを与え、ときおり挟み込まれるユーモアに、観客は浅野忠信扮するケンジに優しさと親近感をおぼえていく。

タイ映画というローカル色はあまり強くない分、地球のどこにでも存在するかもしれないラブ・ストーリーの秀作として心に刻まれるだろう。浅野忠信はこの作品でベネチア国際映画祭コントロコレンテ部門で、主演男優賞を受賞。

  • 2004年7月31日 より シネ・アミューズほか全国にて順次公開

  • 配給:クロックワークス
  • 製作国:タイ=日本=蘭=仏=(2003)
    • ジャンル:
    • ラブ・ストーリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ペンエーグ・ラッタナルアーン (Pen-Ek Ratanaruang)
脚本 ペンエーグ・ラッタナルアーン (Pen-Ek Ratanaruang) プラープダー・ユン (Prabda Yoon)
製作総指揮 荒井善清 (アライ) チャルーン・イアムプンポーン (Charoen Iamphungporn) メイリーン・チョウ (Meileen Choo) マイケル・J・ワーナー (Michael J. Werner) フラン・ルーベル・クズイ (Fran Rubel Kuzui) 葛井克亮 (Katsusuke Kuzui)
製作 ノンスィー・ニミブット (Nonzee Nimibutr) ドゥアンガモル・リムチャルーン (Duangkamol Limcharoen) バウター・バレンドレクト (Wouter Barendrecht)
撮影 クリストファー・ドイル (Christopher Doyle)
美術 サクシー・ジャンランシー (Saksiri Chantarangsri)
音楽 スモールルーム (Small Room)
編集 パタマナッダー・ユコン (Patamanadda Yukol)

■キャスト

俳優名 役名
浅野忠信 (Tadanobu Asano)  Kenji
シニター・ブンヤサック (Sinitta Boonyasak)  Noi
ライラ・ブンヤサック (Laila Boonyasak)  Nid
松重豊 (Yutaka Matsushige)  Yukio
竹内力 (Riki Takeuchi)  Takashi
ティッティ・プームオーン (Thiti Rhumorn)  Jon
三池崇史 (Takashi Miike)  Tajima
田中要次 (Yoji Tanaka)  Yakuza
佐藤佐吉 (Sakichi Sato)  Yakuza

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!