映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ふくろう

生き延びるのは女、罠にはまるのは男。事の真相を知るのは物言わぬふくろうだけ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1980年頃、東北地方の山の中。住人がこぞって逃げ出した貧しい村でたった一軒残った家に、ボロをまとった餓死寸前の女が2人。もう限界だった。ユミエ(大竹しのぶ)とエミコ(伊藤歩)の母娘は、危機的状況から脱するために一計を案じる。身体を洗い、絵の具と墨で化粧をほどこし、急ごしらえの衣装で身支度をすれば、後は、なけなしの硬貨で電話をかけるだけだ。そして、ふくろうが鳴き、ランプに灯をともす頃、ダム工事現場から男(木場勝己)が訪ねてくる。ユミエは色気たっぷりに男を誘い…。



■解説

打ち捨てられた開拓村で発見された9つの白骨死体の謎。現役最高齢の監督新藤兼人が挑んだのは、1シーン1セットの斬新な撮影手法だ。訪問者である男たちは次々に母娘の待つ家に入ってきては、いまわの際のセリフを残して退場する。演劇的なつくりではあるが、クローズアップの多用は映画ならではのもの。そのアップに耐える表情の豊かさは俳優たちの力量あればこそ。

中でも、あっけらかんと事を進める大竹しのぶの迫力は圧巻だが、娘役伊藤歩も堂々と渡り合っている。セリフもキャラクターも戯画化された脚本の根底には、お上に物申す反骨精神が息づいている。満州に始まる入植事業の度重なる失敗に翻弄された側(=女を代表とする)が、今度はお上の手先である男たちを手玉に取るのだ。したたかな女と愚かな男。生命力の差は歴然としている。

  • 2004年2月7日 より シアターイメージフォーラムにて

  • 配給:近代映画協会、シネマ・クロッキオ
  • 製作国:日本(2003)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 新藤兼人 (Kaneto Shindo)
脚色 新藤兼人 (Kaneto Shindo)
原作 新藤兼人 (Kaneto Shindo)
プロデューサー 新藤次郎 (シンドウジロウ)
撮影 三宅義行 (ミヤケヨシユキ) 林雅彦 (ハヤシマサヒコ)
美術 新藤兼人 (Kaneto Shindo)
音楽 林光 (ハヤシヒカリ)
録音 武進 (タケススム)
音響効果 佐々木英世 (ササキヒデヨ)
照明 山下博 (ヤマシタヒロシ)
編集 渡辺行夫 (ワタナベユキオ)
衣裳 鈴木淳 澤いずみ (サワイズミ)
選曲 加藤大和 (カトウヒロカズ)
ラインプロデューサー 桑原一仁 (クワバラカツヒト)
助監督 山本保博 (ヤマモトヤスヒロ)
題字 新藤兼人 (Kaneto Shindo)

■キャスト

俳優名 役名
大竹しのぶ (オオタケシノブ)  ユミエ
伊藤歩 (Ito Ayumi)  エミコ
池内万作 (Mansaku Ikeuchi)  巡査
蟹江一平 (カニエイッペイ)  引揚援護課の男
大地泰仁   浩二
木場勝己 (キバカツミ)  ダム男A
六平直政 (Naomasa Musaka)  電気屋
柄本明 (Akira Emoto)  ダム男B
魁三太郎   電気屋上司
田口トモロヲ (Tomorowo Taguchi)  水道屋
原田大二郎 (ハラダダイジロウ)  ダムかんとく
塩野谷正幸 (シオノヤマサユキ)  警視
江角英明 (エスミヒデアキ)  村長
加地健太郎 (Kentaro Kaji)  ダム所長
上田耕一 (Koichi Ueda)  電力支所長
松重豊 (Yutaka Matsushige)  水道課長
松波寛 (マツナミヒロシ)  福祉課長

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!