映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 望郷と掟

安藤昇を主演に迎え、野村芳太郎が監督したやくざもの

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

誰も待つ人も、迎える人もいない姿婆へ相良は2年ぶりで出た。相良はかつて税関の下級職員であったが、ふとしたことから密輸に手を染め、組織の責任を負って獄中にあったのだ。再び神戸にやって来た相良は、彼を売った密輸金塊王、劉と相良の恋人あさみを捜した。だが相良は相良の後を劉の命令でつける配下の者に、拉致された。一方、神戸の埠頭では、バラケツ留次と崔の気風の良さに目をつけた劉の配下山根が2人を密輸組織に誘い込んだ。仕事は密輸金塊の運びに時をかせぐ囮であった。



■解説

『証人の椅子』の井手雅人がシナリオを執筆、『素敵な今晩わ』の野村芳太郎が監督したやくざもの。撮影もコンビの川又昂。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1966)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇

■スタッフ

監督 野村芳太郎 (Yoshitaro Nomura)
脚本 井手雅人 (イデマサト)
企画 野村芳太郎 (Yoshitaro Nomura) 安藤昇 (アンドウノボル)
製作 杉崎重美
撮影 川又昂 (Takashi Kawamata)
美術 戸田重昌 (Shigemasa Toda)
音楽 真鍋理一郎 (マナベリイチロウ)
録音 栗田周十郎 (クリタシュウジュウロウ)
照明 三浦礼 (ミウラレイ)
編集 浜村義康 (ハマムラヨシヤス)
スチール 長谷川宗平 (ハセガワソウヘイ)

■キャスト

俳優名 役名
安藤昇 (アンドウノボル)  相良
楠侑子 (クスノキユウコ)  あさみ
浜田寅彦 (ハマダトラヒコ) 
竹脇無我 (Muga Takewaki)  留次
砂塚秀夫 (スナヅカヒデオ) 
渥美清 (Kiyoshi Atsumi)  山根
殿山泰司 (Taiji Tonoyama) 
桑山正一 (クワヤママサカズ)  長谷川刑事部長
中村晃子 (ナカムラアキコ)  和江

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!