映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • きょうのできごと a day on the planet

何気なく過ぎていく一夜に、若者たちの様々な思いを込めた群像ドラマ。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

大学院に進んだ正道(柏原収史)の引越し祝いに、中沢(妻夫木聡)と恋人の真紀(田中麗奈)、幼なじみのけいと(伊藤歩)、同級生の西山たちが集まった。酔っ払った真紀は、西山の髪を切り始め、けいとは気弱な美青年かわちに猛アタック。その頃テレビでは、ビルの壁に挟まれた男のニュースが流れている。やがて夜は更け、中沢たちが帰った後、テレビには座礁クジラが映し出された。ラジオでニュースを聞いた中沢たちは、浜へ車を走らせる。そして、新しい朝がやってきた。



■解説

『きょうのできごと』は、何の変哲もない日常の数コマが眩しく映し出される物語。大阪出身の女性作家、柴崎友香の原作を、行定勲監督がありのままに映画化した作品だ。8人の若者たちのありきたりな風景と、テレビのニュースのちょっと不思議な出来事。淡々と描かれていく『今日の出来事』は妙に心に残り、そうして、また一日が過ぎていく…。この映画のためにスタッフが参考にしたのは、原作者のお気に入りでもあるジム・ジャームッシュ監督の映画。平凡さが無限の可能性を持つ独特の世界を、行定流のイメージで膨らませた。

妻夫木聡をはじめ、出演者たちの自然な演技と耳に柔らかく響く関西弁も、ゆったりとして心地よい。世の中は自分と無関係にどんどん流れているけれど、誰もがその中で、それぞれに特別な思いを抱えながら生きている。私たちが生きているその一日を、愛しく、大切に思いたくなる作品。

  • 2004年3月20日 より テアトル新宿ほか全国にて順次公開

  • 配給:コムストック
  • 製作国:日本(2003)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 行定勲 (Isao Yukisada)
脚本 行定勲 (Isao Yukisada) 益子昌一 (マスコショウイチ)
原作 柴崎友香 (シバサキトモカ)
プロデューサー 飯泉宏之 (イイズミヒロユキ) 古賀俊輔 (コガシュンスケ)
撮影 福本淳 (フクモトジュン)
美術 山口修 (ヤマグチシュウ)
音楽 矢井田瞳 (ヤイダヒトミ)
録音 伊藤裕規 (イトウヒロキ)
照明 市川徳充 (イチカワトクミツ)
編集 今井剛 (イマイツヨシ)

■キャスト

俳優名 役名
田中麗奈 (Tanaka Rena)  真紀
妻夫木聡 (Satoshi Tsumabuki)  中沢
伊藤歩 (Ito Ayumi)  けいと
柏原収史 (Shuji Kashiwabara)  正道
三浦誠己 (ミウラマサキ)  西山
石野敦士 (イシノアツシ)  坂本
松尾敏伸 (マツオトシノブ)  かわち
池脇千鶴 (Ikewaki Chizuru)  ちよ
大倉孝二 (Koji Okura)  川崎哲
津田寛治 (Kanji Tsuda)  救助隊員・松本

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!