映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 問題のない私たち

「自殺するくらいなら、立ち向かえばいい」。そう思っていたいじめっこは、ある日、いじめられっこになった。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

「これはいじめでなく不快感への正当防衛」と開き直り、クラスを率いてマリアをいじめていた澪。しかし、転校生の麻綺が新たなクラスのリーダー格となったことで状況は一変。今度は澪が陰湿ないじめの標的になってしまう。幼なじみからも裏切られたことにショックを受け、澪は衝動的に自殺を図る。そんな澪を必死で止めたのは、なんと自分がいじめていたマリアだった。改心した澪はもういじめに負けない、と固く約束。戦いがはじまった─。



■解説

原作の同名小説を牛田麻希が執筆したのは、なんと15歳の中学生の頃だとか。いわば“当事者”ともいえる世代の目線から描かれたことで、この作品は他のいじめを扱ったものとは一線を画した内容になっている。後に木村文が漫画化(マーガレットコミックス)した同名作も中高生に受け入れられ、大きな反響を呼んだ。

本作では主演の黒川芽以(16歳)を始め、沢尻エリカ、美波(ともに17歳)らと同世代の役者を登場させることで、さらにリアリティーと原作のもつ特性を高めることに成功。また主人公の父に勝村政信、その恋人役に大塚寧々、後半、物語のキーパーソンとなる担任教師に『プラトニック・セックス』の野波麻帆と、大人たちがしっかりと脇を固めている。

  • 2004年2月28日 より ポレポレ東中野ほか全国にて順次公開

  • 配給:レジェンド・ピクチャーズ
  • 製作国:日本(2004)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 森岡利行 (モリオカトシユキ)
脚本 森岡利行 (モリオカトシユキ)
原作 牛田麻希 (ウシダマキ) 木村文 (キムラアヤ)
撮影 斉藤幸一 (サイトウコウイチ)
美術 西村徹 (ニシムラトオル)
音楽 奥野敦士 (オクノアツシ)

■キャスト

俳優名 役名
黒川芽以 (Kurokawa Mei)  笹岡澪
沢尻エリカ (Sawajiri Erika)  新谷麻綺
美波 (ミナミ)  潮崎マリア
森絵梨佳 (モリエリカ)  施川瑞希
小松愛 (コマツメグミ)  松野綾
浜田晃 (Akira Hamada)  校長
野波麻帆 (Nonami Maho)  加藤茜
大塚寧々 (Otsuka Nene)  松下桃花
勝村政信 (Masanobu Katsumura)  笹岡文成

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!