映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 悪霊喰

相次ぐ事故に5度の公開延期! 禁断の儀式“罪喰い”を描く本格オカルト・ホラー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ニューヨークの司祭・アレックスに、ローマに住む同じ修道会の恩師・ドミニクの訃報が届く。死因は自殺。心痛を胸にローマへ向かったアレックスは、遺体発見現場で珍しい文字を目にする。それはキリストが用いたとされるアラム文字だった。疑問に思ったアレックスは、ドミニクの遺体を検分し、その胸に儀式の痕跡を発見する。恩師の死が単なる自殺ではないと確信したアレックスは、同門のトーマスや友人のマーラとともに、独自の調査を開始する。やがて彼らは、古来より異端とされてきた“罪喰い”の存在に行き当たる。



■解説

“罪喰い”とは、中世カトリック教会に発祥した実在の儀式。教会から異端とされた人々は、臨終に際しての秘跡を受けられず、魂も救われない。そのため死にゆく人の元へ“罪喰い”の使徒が送られ、その罪を自らの体内に飲み込むことで死者を赦免した、というのがあらましだ。オカルト好きには垂涎ものの題材だが、禁断の存在を描いたことで神の怒りに触れたのか、制作中から不可解な事故が相次ぎ、プロデューサーまでが謎の失踪。

。実に5度の公開延期を経て、ようやく陽の目を見たいわくつきの作品だ。監督は『L.A.コンフィデンシャル』や『ミスティック・リバー』の脚本を手掛け、今ハリウッドで最も注目されている俊才ブライアン・ヘルゲランド。クラシカルな気品が漂う映像は、名作ホラーを数多く手掛けてきたニコラ・ペコリーニが担当している。

  • 2004年1月24日 より 新宿ジョイシネマ3、シネマメディア−ジュにて

  • 配給:20世紀フォックス映画
  • 製作国:アメリカ(2003)
    • ジャンル:
    • ホラー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ブライアン・ヘルゲランド (Brian Helgeland)
脚本 ブライアン・ヘルゲランド (Brian Helgeland)
製作総指揮 マイケル・カーン (Michael Kuhn) トーマス・M・ハーメル (Thomas M. Hammel)
製作 ブライアン・ヘルゲランド (Brian Helgeland) クレイグ・バウムガーテン (Craig Baumgarten)
撮影 ニコラ・ペコリーニ (Nicola Pecorini)
音楽 デヴィッド・トーン (David Torn)

■キャスト

俳優名 役名
ヒース・レジャー (Heath Ledger)  Alex Bernier
シャニン・ソサモン (Shannyn Sossamon)  Mara Sinclair
ベンノ・フュルマン (Benno Furmann)  William Eden
ピーター・ウェラー (Peter Weller)  Driscoll

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!