映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 子連れ狼・親の心子の心

“子連れ狼”シリーズ第4作目

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

尾張藩士加藤某の妻女に夫の仇、別式女・お雪を斬るべく依頼された拝一刀は、お雪のことを聞くため刺青師字之吉を訪ねた。宇之吉は一刀に、お雪の肌に、乳をまさぐる金太郎童子を胸に、山姥の入墨を背中に彫ったことを話す。その頃屋外で待っていた大五郎は、三河万才の後を追って行き、迷子になってしまった。一日、二日と父を捜す大五郎は飢えと寒さに憔悴してくる。やがて、ある寺で父と似た姿を見たが人違いだった。だが、その男、柳生軍兵衛は大五郎の死生眼を見抜きハッとする。そして大五郎の後をつけていく…。



■解説

“子連れ狼”シリーズ第四作。柳生一族の陰謀のため妻を殺され、非運逆境のなかで生きる父と子。そして、一匹狼の刺客としての凄絶な殺陣が繰りひろげられる“漫画アクション”に連載中の小池一雄・原作、小島剛夕・画の同名劇画の映画化。脚本は「子連れ狼 死に風に向う乳母車」の小池一雄。監督は「狼やくざ 葬いは俺が出す」の斎藤武市、撮影は「無宿人御子神の丈吉 川風に過去は流れた」の宮川一夫がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1972)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇

■スタッフ

監督 斎藤武市 (サイトウブイチ)
脚本 小池一夫 (Kazuo Koike)
原作 小池一夫 (Kazuo Koike) 小島剛夕 (コジマゴウセキ)
製作 若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama) 松原久晴 (マツバラヒサハル)
撮影 宮川一夫 (Kazuo Miyagawa)
美術 下石坂成典 (Shigenori Shimoisizaka)
音楽 桜井英顕 (サクライヒデアキ)
録音 林土太郎 (ハヤシツチタロウ)
照明 中岡源権 (ナカオカゲンコン)
編集 谷口登司夫 (タニグチトシオ)
助監督 上田春夫 (ウエダハルオ)
スチル 都筑輝孝

■キャスト

俳優名 役名
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)  拝一刀
林与一 (ハヤシヨイチ)  軍兵衛
東三千   お雪
富川晶宏 (トミカワアキヒロ)  大五郎
小池朝雄 (Asao Koike)  徳川義直
岸田森 (キシダシン)  孤塚円記
内田朝雄 (Asao Uchida)  字之吉
田中弘 (タナカヒロシ)  柏木十左衛門
遠藤辰雄 (エンドウタツオ)  柳生烈堂
山村聡 (ヤマムラソウ)  乞胸仁太夫

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!