映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • OPEN HOUSE

柔らかな光線が見守る都会の息づかい。『GO』の行定勲監督、幻のデビュー作。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

折込広告のモデルで生計を立てるミツワ(椎名英姫)は、マンネリな日常への苛立ちを抑え、都会の片隅で暮らす孤独な女性。だがある晩、パーティーの席で友人に馬鹿にされ、掴み合いの喧嘩をしてしまう。店を追い出され、雨の中に倒れ込むミツワ。その様子を見ていたトモノリ(川岡大次郎)は、ミツワを部屋まで送り、介抱する。それから2人の奇妙な共同生活が始まる…。マンションの隣には、映画館に勤めるユイコ(南果歩)が住んでいる。離婚したばかりの彼女は、何事にも無関心を装い、淡々と暮らしていた…。



■解説

今、最も新作が待ち望まれる行定勲監督。ここに突然、不慮の事態から5年間も陽の目を見なかったデビュー作が届けられた。物語はミステリタッチだが、形式ばった構成はなく、都会の片隅に暮らす男女を淡々と見つめてゆく。そんなアンニュイな世界を切り取る画面、その光の演出が実に素晴らしい。

。窓辺に降りる優しい光、夜更けの孤独を包む淡い光、切なさを癒す夕暮れの光…。日本が誇る名カメラマン・篠田昇と、国際的な躍進を続ける照明技師・中村裕樹のコンビが操る光は、言葉より何倍も饒舌だ。やがて無常な日々と消えない過去の合間に薄い光が差し込む時、人物たちの存在が鮮やかに浮かび上がり、その世界にも夜明けが訪れる。映画は光の芸術―そんな言葉を思い出させてくれるだけでも、本作には何年経っても潰えない輝きがある。

  • 2003年12月23日 より シネ・リーブル池袋にてレイトショ−

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(1997)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 行定勲 (Isao Yukisada)
脚本 行定勲 (Isao Yukisada) 白川多喜子 (シラカワタキコ) 樽谷春緒
原作 辻仁成 (ツジジンセイ)
プロデューサー 佐谷秀美 (サタニヒデミ) 本田慶充 大崎正人
撮影 篠田昇 (シノダノボル)
音楽 本位田牧 (ホンイダマキ)
照明 中村裕樹 (ナカムラ)
その他
スタント・コーディネーター 柴原孝典 (シバハラタカノリ)

■キャスト

俳優名 役名
椎名英姫 (シイナエイヒ) 
川岡大次郎 (Daijiro Kawaoka) 
南果歩 (Minami Kaho) 
加藤登紀子 (カトウトキコ) 
小木茂光 (Shigemitsu Ogi) 
村田雄浩 (Takehiro Murata) 
塩見三省 (Sansei Shiomi) 
川越美和 (Miwa Kawagoe) 
竹下宏太郎 (タケシタコウタロウ) 
モロ師岡 (Moro Morooka) 
日置明子  
大野麻耶 (オオノマヤ) 
光石研 (Ken Mitsuishi) 
利重剛 (リジュウゴウ) 
手塚とおる (テヅカトオル) 
田中哲司 (Tetsushi Tanaka) 
春木みさよ (ハルキミサヨ) 
津田寛治 (Kanji Tsuda) 
朝岡実嶺 (アサオカ) 
吉田朝 (ヨシダアサヒ) 
野口雅弘 (ノグチマサヒロ) 
七瀬理香 (ナナセリカ) 
翔芽  
中島あき (ナカジマアキ) 
筒井真理子 (ツツイマリコ) 
矢島亜由美 (ヤジマアユミ) 
江川加絵 (エガワカエ) 
白崎早苗 (シラサキサナエ) 
榎戸耕司 (エノキドコウジ) 
小笠原隼 (オガサワラジュン) 
笠原翼 (オガサワラツバサ) 
森みつえ (モリミツエ) 
篠崎杏兵 (シノザキキョウヘイ) 
宮島章 (ミヤジマアキラ) 
杉仲彩 (スギナカアヤ) 
新井圭一 (アライケイイチ) 
並樹史朗 (Shiro Namiki) 
槇由紀子 (マキユキコ) 
纐纈辰美 (コウケツタツミ) 
佐谷玲珠  
みはる (ミハル) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!