• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『KEEP ON ROCKIN’ キープ・オン・ロッキン』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • KEEP ON ROCKIN’ キープ・オン・ロッキン

俺のロックは終わったのか? サクセス・ストーリーのその後を描く、人生のバラッド

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ロックバンド「ブラフ」のヴォーカリスト、高原英二(岡田浩暉)の人生は行き詰まっていた。バンドは5年前のデビュー当時に一世を風靡したが、今やその人気も陰り、しばらく新曲も出していない。苛立ちからメンバーと衝突し、恋人の陽子(梨花)ともすれ違いが続いている。それでもロックスターとしての栄光を捨てられない英二だったが、ついにレコード会社との契約が打ち切られてしまう。傷心の英二は、気晴らしに故郷の福島県へ車を走らせる。だがそこでは、病気で入院する父と看病に疲れた母が待っていた…。



■解説

80年代再考の気運が高まる中、「ロック」を題材とした日本映画がブームだ。陣内孝則の初監督作『ROCKERS』、みうらじゅん原作の『アイデン&ティティ』、そして本作『KEEP ON ROCKIN'』。これらの作品に共通するのは、若者のアヴァンギャルドな精神文化だったロックを通して、青春の悲哀や現実の重みを描こうとする実直な姿勢だ。

本作では、人も羨むロックスターだった主人公が、日々の暮らしに悩み、人生にもがく姿が映し出される。そこにロックという言葉が連想させる華美はない。あるのは仕事、恋、友情、家族といった誰もが知る物語だけだ。こうした作品を説教臭いと取るかどうかはそれぞれだが、80年代に青春を生きた世代が同時多発的に語る物語は、生きることへの確かな実感にあふれ、私たちに日々の営みを見つめ直す機会を与えてくれる。

  • 2003年11月22日 より 新宿東映パラス2にて

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(2003)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 両沢和幸
脚本 両沢和幸
製作 両沢和幸
プロデューサー 大賀文子 (オオガフミコ) 両沢和幸
撮影 上野彰吾 (ウエノショウゴ)
音楽 岡田浩暉 (オカダコウキ)
照明 鳥越正夫 (トリコシマサオ)
編集 両沢和幸

■キャスト

俳優名 役名
岡田浩暉 (オカダコウキ)  高原英・
野波麻帆 (Nonami Maho) 
梨花 (リンカ)  陽子
大森暁美 (オオモリアケミ)  母・
井川比佐志 (Hisashi Igawa)  父親・建・
大西武志 (オオニシタケシ) 
内田健介 (ウチダケンスケ) 
まいど豊 (マイドユタカ) 
瀬戸陽一朗 (セトヨウイチロウ) 
森下能幸 (Yoshiyuki Morishita) 
山下トモヲ (ヤマシタトモヲ) 
奥山佳恵 (オクヤマヨシエ) 
田山涼成 (Ryosei Tayama) 
池内万作 (Mansaku Ikeuchi) 
半海一晃 (ハンカイイッコウ) 
久世星佳 (クゼセイカ) 
田口浩正 (Hiromasa Taguchi) 
あめくみちこ (Ameku Michiko) 
大河内浩 (Hiroshi Okochi) 
佐渡稔 (サワタリミノル) 
観月ありさ (Mizuki Arisa) 
向井達也 (ムカイタツヤ) 
永山俊志 (ナガヤマシュンジ) 
西坂康次 (ニシザカコウジ) 
小林隆 (Takashi Kobayashi) 
和田周 (ワダシュウ) 
ト字たかお (トジタカオ) 
水森コウ太 (ミズモリコウタ) 
小林美江 (コバヤシミエ) 
本田博仁 (ホンダヒロヒト) 
須藤香代子 (スドウカヨコ) 
西村敦子 (ニシムラアツコ) 
宮崎敦司 (ミヤザキアツシ) 
松山康志郎 (マツヤマコウシロウ) 
北島元朗 (キタジマゲンロウ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!