映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 炎の戦線エル・アラメイン

北アフリカ戦線の勝敗を決めたエル・アラメインの戦い。見捨てられた戦線で生き残りを賭けるイタリア兵たちがいた!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1942年の北アフリカ戦線。エル・アラメインでは地雷原を挟み、ドイツ・イタリア軍とイギリス軍が対峙していた。その最南端のイタリア軍陣地に、1人の青年セッラがやって来た。国を守るために志願してきたセッラだが、たちまち戦争の厳しさを実感することになる。敵の姿を見ることもなく、塹壕にこもったまま迫撃砲の脅威にさらされる日々。そして初めて敵を肉眼でとらえた時、それは自分の陣地が蹂躙される時だった…。



■解説

砂漠の狐といわれたロンメル将軍が活躍した北アフリカ戦線は、これまでたびたび映画化されてきた。本作は今まで陽が当たらなかったイタリア軍にスポットを当て、しかも舞台は主戦場から遠く離れた末端の戦線に設定している。一気に勝敗を決する決戦と違って、塹壕戦は単調だが、確実に兵士が命を落としていく戦いだ。敵の姿を一度も見ることなく迫撃砲によって死んでいく兵士。敵兵の姿が見える距離まで近づいた時は、もうお互いにどちらかが死ぬしかない。

一夜の激戦が終わった後、主戦場で味方が敗走したとの知らせを聞き、この僻地の軍も退却を始める。指揮系統が寸断され、移動車両も姿を消し、ただ生きるために砂漠の中を歩いていく兵士たち。ここには派手な空中戦や戦車戦、撃ち合いもない。アメリカ製の現実離れした「アクション」戦争映画とは一線を画した、苦い戦いを描いた作品だ。

  • 2004年1月17日 より 銀座シネパトスにて

  • 配給:ギャガ・コミュニケーションズ、アニープラネット
  • 製作国:イタリア(2002)
    • ジャンル:
    • 戦争

■スタッフ

監督 エンゾ・モンテレオーネ (Enzo Monteleone)
脚本 エンゾ・モンテレオーネ (Enzo Monteleone)
製作 リカルド・トッツィー (Riccardo Tozzi)
撮影 ダニエレ・ナヌッツィ (Daniele Nannuzzi)
美術 エットーレ・グエリエッリ (Ettore Guerrieri)
音楽 ピヴィオ (Pivio) アルド・デ・スカルツィ (Aldo De Scalzi)
衣装デザイン ヴィンツェンツォ・マストラントニオ (Vincenzo Mastrantonio)

■キャスト

俳優名 役名
パオロ・ブリグリア (Paolo Briguglia)  Serra
ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ (Pierfrancesco Favino)  Sgt. Rizzo
エミリオ・ソルフリッツィ (Emilio Solfrizzi)  Lt. Fiore
ルチアーノ・スカルパ (Luciano Scarpa)  Spagnuolo
トマ・トラバッチ (Thomas Trabacchi)  Capt. De Vita
シルヴィオ・オルランド (Silvio Orlando)  The general
ロバート・シトラン (Robert Citran)  The colonel
ジュゼッペ・チェデルナ (Giuseppe Cederna)  Capt. Medician

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!