映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 新座頭市物語・折れた杖

勝新、座頭市シーリーズ、初監督作品

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

三味線をしっかりと手に握った座頭市が銚子の港へ向かっていた。偶然の事故で、市の目の前で死んだ行きづりの老婆から彼女の娘に形見の三味線を届けるよう頼まれたのである。銚子の宿、女郎屋“扇屋”に娘、錦木がいた。市は錦木を身請けする金を稼ぎに賭場へ向かった。1人の母親の切ない願いをかなえてやるために。賭場の貸元、鍵屋万五郎は、漁師たちを無理矢理賭場へ誘い、金ばかりか船までもまきあげていた。万五郎の狙いは、港の実権を握ることである。



■解説

“座頭市”シリーズ24作目。今作は勝新太郎がこのシリーズ初めて、『顔役(1971)』に引き続き2本目の監督作。脚本は犬塚稔、撮影は『座頭市御用旅』の森田富士郎がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1972)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇

■スタッフ

監督 勝新太郎 (Shintaro Katsu)
脚本 犬塚稔 (Minoru Inuzuka)
原作 子母沢寛 (シモザワカン)
企画 久保寺生郎 (クボデライクオ)
製作 勝新太郎 (Shintaro Katsu) 西岡弘善 (ニシオカヒロヨシ)
撮影 森田富士郎 (Fujio Morita)
美術 太田誠一 (オオタセイイチ)
音楽 村井邦彦 (ムライクニヒコ)
録音 大角正夫 (オオスミマサオ)
照明 中岡源権 (ナカオカゲンコン)
編集 谷口登司夫 (タニグチトシオ)
助監督 奥家孟
スチール 小山田幸生 (オヤマダユキオ)

■キャスト

俳優名 役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)  座頭市
太地喜和子 (Kiwako Taichi)  綿木
吉沢京子 (ヨシザワキョウコ) 
高城丈二 (タカギジョウジ)  神条常盤
春川ますみ (Masumi Harukawa)  お浜
青山良彦 (アオヤマヨシヒコ)  安房屋徳治郎
大滝秀治 (Hideji Otaki)  飯岡助五郎
小池朝雄 (Asao Koike)  鍵屋万五郎
藤岡重慶 (フジオカジュウケイ)  猪之吉
松山照夫 (マツヤマテルオ)  伊八
田島和子 (タジマカズコ)  花里
小海秦寛   新吉
伏見直江 (フシミナオエ)  老婆
中村嘉葎雄 (Katsuo Nakamura)  丑松

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!