映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 衝動殺人・息子よ

木下恵介監督、若山富三郎主演の社会派ドラマ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

京浜工業地帯の一角で鉄工所を経営している川瀬周三は、昭和41年になって、めっきり身体のおとろえを覚え、工場の実務を26歳になる一人息子の武志に譲った。そして、秋には、妻・雪枝の郷里から田切杏子を迎え、結婚式をひかえていた。順風満帆、周三にはおだやかな老後が残されているだけのように思えた。昭和41年5月、武志は、友人吉川と近くの釣り堀に出かけた帰り道、ある若者に、すれ違った瞬間、腹部を刃物で刺された。武志の傷は深く、「お父さん、口惜しいよ、こんなことで死ぬなんて、仇は必ずとってくれよ」と言うと、周三の腕の中で息たえた…。



■解説

息子を殺された父親の悲しみと、同様の境遇の人々と共に、被害者遺族を保護する法律を作る運動を進める姿を描く。昭和53年「中央公論」3月号に掲載された佐藤秀郎の同名のノンフィクションを映画化したもので、脚本は砂田量爾と『スリランカの愛と別れ』の木下恵介の共同執筆、監督も同作の木下恵介、撮影は『燃える秋』の岡崎宏三がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1979)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 木下惠介 (Keisuke Kinoshita)
脚本 砂田量爾 (スナダリョウジ) 木下惠介 (Keisuke Kinoshita)
原作 佐藤秀郎 (サトウヒデオ)
製作 飯島敏宏 (Toshihiro Iijima) 杉崎重美
制作補 斎藤守恒
撮影 岡崎宏三 (Kozo Okazaki)
美術 重田重盛 (シゲタシゲモリ)
音楽 木下忠司 (キノシタタダシ)
録音 島田満 松本隆司 (Ryuji Matsumoto)
照明 佐久間丈彦 (サクマタケヒコ)
編集 杉原よ志 (スギハラヨシ)
助監督 横堀幸司 (ヨコボリコウジ)
スチール 小尾健彦 (オビタケヒコ)

■キャスト

俳優名 役名
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)  川瀬周三
高峰秀子 (Takamine Hideko)  川瀬雪枝
田中健 (Ken Tanaka)  川凝武志
尾藤イサオ (Isao_Bitou)  坂井三郎
大竹しのぶ (オオタケシノブ)  田切杏子
藤田まこと (Makoto Fujita)  中沢工務店主
近藤正臣 (Masaomi Kondo)  松崎徹郎
加藤剛 (Go Kato)  中谷勝
花澤徳衛 (ハナザワトクエ)  益田常吉
山本清 (ヤマモトキヨシ)  山村刑事
見城貴信   石本昇
高岡健二 (タカオカケンジ)  吉川
橋本功 (ハシモトイサオ)  中山
北見じゅん (キタミジュン)  やくざA
内田憲一 (ウチダケンイチ)  やくざB
高杉早苗 (タカスギサナエ)  坂井和代
小坂一也 (Kazuya Kosaka)  看守A
福田豊土 (フクダトヨト)  法律相談員
水谷亜希 (ミズタニアキ)  中沢明子
吉永小百合 (Sayuri Yoshinaga)  柴田保子
吉田友紀 (ヨシダユキ)  田口悟
野村昭子 (ノムラアキコ)  井上静子
仲山信行 (ナカヤマノブユキ)  川瀬鉄工所の工員A
うすみ竜 (ウスミリュウ)  川瀬鉄工所の工員B
小森英明 (コモリヒデアキ)  川瀬鉄工所の工員C
羽生昭彦 (ハニュウアキヒコ)  川瀬鉄工所の工員D
滝川竜之介 (タキガワリュウノスケ)  川瀬鉄工所の工員E
田村高廣 (Takahiro Tamura)  平山敏夫
中村玉緒 (Nakamura Tamao)  北村洋子

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!