映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 黒い十人の女

豪華女優陣で贈る、市川崑監督作品

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

現代の煩雑な社会の一分子テレピプロデューサー風松吉。メカニズムに押し流されている彼には近づく女も多い。彼と関係した女は十指に余る。妻の双葉はそんな夫をあきらめて淋しい毎日をレストラン経営にまぎらわしていた。責任のない関係のつもりだったが、女の方では奇妙に風を忘れられない。行きづまりを感じている女優石ノ下市子もそんな1人だった。女たちは風のことが気になるあまり二言目には「風がポックリ死ねばよい」「風を誰か殺してくれないかしら」と言うのだった。女たちのそんな話を耳にした風本人は、十人の女が自分を謀殺しようとしていると思い込む。



■解説

『足にさわった女(1960)』の和田夏十のオリジナル・シナリオを、『おとうと(1960)』の市川崑が監督した、テレビ界を舞台にした人間が人間でありたいというノスタルジーの物語。撮影は『お嬢さん』の小林節雄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1961)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
    • |
    • ドラマ

■スタッフ

監督 市川崑 (Kon Ichikawa)
脚本 和田夏十 (ワダナツト)
企画 藤井浩明 (Hiroaki Fujii)
製作 永田雅一 (Masaichi Nagata)
撮影 小林節雄 (コバヤシセツオ)
美術 下河原友雄 (シモガワラトモオ)
音楽 芥川也寸志 (アクタガワヤスシ)
録音 西井憲一 (ニシイケンイチ)
照明 伊藤幸夫 (イトウユキオ)
スチル 薫森良民

■キャスト

俳優名 役名
岸惠子 (Keiko Kishi)  石ノ下市子
山本富士子 (Yamamoto Fujiko)  風双葉
宮城まり子 (ミヤギマリコ)  アート社三輪子
中村玉緒 (Nakamura Tamao)  四村塩
岸田今日子 (Kyoko Kishida)  後藤五夜子
宇野良子 (ウノ)  虫子
村井千恵子   七重
有明マスミ (アリアケマスミ)  八代
紺野ユカ (コンノユカ)  櫛子
倉田マユミ (クラタマユミ)  十糸子
森山加代子 (モリヤマカヨコ)  百瀬桃子
船越英二 (フナコシエイジ)  風松吉
永井智雄 (Tomoo Nagai)  本町芸能局長
大辻伺郎 (オオツジシロウ)  野上
伊丹十三 (Juzo Itami)  花巻
佐山真二   若山
中川弘子 (ナカガワヒロコ)  メーキャップ係
浜村純 (ハマムラジュン)  警官に扮した俳優
伊東光一 (イトウコウイチ)  羽織の男
夏木章 (ナツキショウ)  局員イ
志保京助   局員ロ

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!