映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ダロウェイ夫人

女性作家ヴァージニア・ウルフの長編小説『ダロウェイ夫人』の映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1923年6月。下院議員夫人クラリッサ・ダロウェイ(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)は、自宅で催す夜会のための花を買いに行く間、青春時代の恋人ピーター・ウォルシュ(アラン・コックス)のことを思い出していた。彼女はロマンティックなピーターではなく、今の夫リチャード・ダロウェイ(ジョン・スタンディング)との平穏な人生を選んだことが正しかったのかと自問する。一方、通りでは退役軍人の青年セプティマス・ウォレン・スミス(ルパート・グレイヴス)が戦争神経症による幻影に苦しんでいた。クラリッサは彼の姿を目撃する。そして帰宅したクラリッサは、自室で30年前の青春を再び思い出す…。



■解説

老いや死を意識し始めた女性の心の移ろいを描いた一編。20世紀を代表する女性作家ヴァージニア・ウルフの長編小説『ダロウェイ夫人』の映画化。監督は『アントニア』でアカデミー外国語映画賞を受賞したマルレーン・ゴリス。脚本は舞台女優としても有名なアイリーン・アトキンス。主演は『ディープ・インパクト』のヴァネッサ・レッドグレイヴ。

共演は『デビル』のナターシャ・マケルホーン、『英国万歳!』のルパート・グレイヴス、『魅せられて四月』のマイケル・キッチン、『ヤング・シャーロック ピラミッドの謎』のアラン・コックス、『ジャングル・ブック』のリナ・ハーディ、『エレファント・マン』のジョン・スタンディングほか。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:イギリス=オランダ(1997)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 マルレーン・ゴリス (Marleen Gorris)
脚本 アイリーン・アトキンズ (Eileen Atkins)
原作 ヴァージニア・ウルフ (Virginia Woolf)
エグゼクティブプロデューサー クリス・ジェイ・ボール (Chris J. Ball) ウィリアム・タイラー (William Tyrer) サイモン・カーティス (Simon Curtis) ビル・シェパード (Bill Shepherd)
製作 リサ・カッツェラス・パレ (Lisa Katselas Pare) ステファン・ベイリー (Stephen Bayly)
撮影 スー・ギブソン (Sue Gibson)
美術 デイヴィッド・リチェンズ (David Richens)
編集 ミシル・ライフヴァイン (Michiel Reichwein)
衣装デザイン ジュディー・ペッパーダイン (Judy Pepperdine)
字幕 戸田奈津子 (Natsuko Toda)

■キャスト

俳優名 役名
ヴァネッサ・レッドグレイヴ (Vanessa Redgrave)  Mrs. Clarissa Dalloway
ナターシャ・マケルホーン (Natascha McElhone)  Young Clarissa
ルパート・グレイヴス (Rupert Graves)  Septimus Warren Smith
マイケル・キッチン (Michael Kitchen)  Peter Walsh
アラン・コックス (Alan Cox)  Young Peter
サラ・バデル (Sarah Badel)  Lady Rosseter(Sally Seton)
リナ・ハーディー (Lena Headey)  Young Sally
アメリア・バルモア (Amelia Bullmore)  Lucrezia Warren Smith
オリヴァー・フォード・デイヴィス (Oliver Ford Davies)  Hugh Whitbread
ハル・クラッテンデン (Hal Cruttenden)  Young Hugh
ケイティー・カー (Katie Carr)  Elizabeth Dalloway
セリナ・カデル (Selina Cadell)  Miss Kilman
ジョン・スタンディング (John Standing)  Richard Dalloway
ロバート・ポータル (Robert Portal)  Young Richard
ロバート・ハーディ (Robert Hardy)  Sir William Bradshaw
マーガレット・タイザック (Margaret Tyzack)  Lady Bruton

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!