映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • イン・ディス・ワールド

  • PG-12

新しい土地を求め、命をかけて旅するアフガンの若者たちを描いた、リアルな社会派作品

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

難民キャンプで育ったアフガン人の少年、ジャマールは、20代の従兄、エナヤットとともにロンドンを目指して旅立つことになった。バスやトラックを乗り継ぎ、密入国業者へ金を渡して国境を越えるふたり。何度となく命の危険に晒されながら、トルコから貨物船へ乗り込むが、暑く酸欠状態の船の旅が40時間も続き、イタリアへ着いた時、エナヤットは目を覚まさなかった。ひとり、イタリアからフランス、そしてロンドンへとたどり着いたジャマールは、カフェの皿洗いとして働き始めた。



■解説

新しい人生と自由を夢見て、パキスタンからロンドンまで、地図にない道をひたすら進むアフガン難民の若者たち。この『イン・ディス・ワールド』は、亡命の過酷な道中を、まるでドキュメンタリーのように追いかけた衝撃的なフィクション映画。マイケル・ウィンターボトム監督が、難民たちの現実に目をむけて、彼らのリアルな心を細やかに描き出していく。

主人公のジャマールとエナヤットは、ウィンターボトム監督がパキスタンで見つけたアフガン人で、もちろん演技は始めての経験。彼ら自身に染み付いた素の表情からは、祖国を離れ旅立つ者の強い意思と、先への不安がひしひしと伝わってくる。ジャマールの旅が伝えるものは、15歳の少年の成長という、きれい事だけでは済まない。この映画は、大きすぎる犠牲とリスクを背負ってまで国境を越えようとする難民たちの存在と、そこにある問題について、正面から問いかけるはずだ。

  • 2003年11月15日 より シャンテ・シネ、関内MGAほか全国にて順次公開

  • 配給:東芝エンタテインメント
  • 製作国:イギリス(2002)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 マイケル・ウィンターボトム (Michael Winterbottom)
脚本 トニー・グリゾーニ (Tony Grisoni)
エグゼクティブプロデューサー クリス・アウティ (Chris Auty) デイヴィッド・M・トンプソン (David M. Thompson)
製作 アンドリュー・イートン (Andrew Eaton) アニータ・オーヴァーランド (Anita Overland)
撮影 マルセル・ザイスキンド (Marcel Zyskind)
音楽 ダリオ・マリアネッリ (Dario Marianelli)
編集 ピーター・クリステリス (Peter Christelis)
字幕 松浦美奈 (Mina Matsuura)

■キャスト

俳優名 役名
ジャマール・ウディン・トラビ (Jamal Udin Torabi)  ジャマール
エナヤトゥーラ・ジュマディン (Enayatullah Jumadin)  エナヤット
イムラン・パラチャ (Imran Paracha)  旅行案内業者
ヒダヤトゥーラ (Hiddayatullah)  エナヤットの兄弟
ジャマウ (Jamau)  エナヤットの父
アーサン・ラザ (Ahsan Raza)  両替屋
ミルウェイズ・トラビ (Mirwais Torabi)  ジャマールの兄
アブドゥル・アーマド (Abdul Ahmad)  花婿
アマヌラー・トラビ (Amanullah Torabi)  ジャマールの弟
ラシード (Shaheen Rasheed)  シャヒーン
アラー・バウシュ (Allah Baush)  ファリド
ホサイン・バゲイアン (Hossain Baghaelam)  ベールーズ
ケレム・アタベヨグル (Karem Atabeyoglu)  警官
エラム・セキズカン (Eaham Sekizcan)  工場長
ナビル・エルアービ (Nabil louahabi)  ユシフ

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!