映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • アララトの聖母

悲劇の歴史が結びつけた、現代に生きる様々な心を描く、アトム・エゴヤン監督最新作

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

アルメニア出身の映画監督、エドワード・サロヤンは、新作の撮影のためにカナダへやってきた。テーマは、20世紀初頭、アララト山の麓で起きたアルメニア人の虐殺事件。サロヤンは、犠牲者を母に持つ画家、ゴーキーの存在に注目し、美術研究家のアニに映画の顧問を依頼する。アニの息子ラフィは、アルメニアの活動家として死んだ父の存在に悩んでいた。サロヤンの現場で働きながら、ラフィは次第に、民族の歴史と自らのアイデンティティーを探し求めていく。



■解説

カナダで育ったアトム・エゴヤン監督は、アルメニア亡命者の両親を持っている。アルメニアは黒海とカスピ海に挟まれた場所に位置し、トルコ東部のアララト山を聖なる山として崇めてきた。第一次世界大戦下の1915年、トルコとの緊張から起きた大虐殺事件は、およそ30万人の犠牲者を出したと言われている。本作『アララトの聖母』は、エゴヤン監督が自らのルーツを投影させ、人々の記憶から喪失された民族の歴史を振り返る群像劇。

亡き父の存在と自分のルーツに疑問を抱く青年ラフィ。ラフィの心がつかめず思い悩む母親アニ。アニの再婚相手の娘シリアは、父親の事故死の原因はアニであると、彼女を深く憎んでいる。関税検査官のデヴィッドは、同性愛者の息子に心を開くことが出来ない。バラバラになった家族の心は、アルメニアの画家ゴーキーの描いた一枚の絵、「芸術家と母親」が表現する虐殺の傷跡に溶け込んでいく。過去を受け止め、現在を受け入れて成長する人間たちの、絆の再生を映し出した重厚なドラマ。

  • 2003年10月4日 より シャンテ・シネほか全国にて順次公開

  • 配給:ギャガ・コミュニケーションズ
  • 製作国:カナダ(2002)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 アトム・エゴヤン (Atom Egoyan)
脚本 アトム・エゴヤン (Atom Egoyan)
製作 アトム・エゴヤン (Atom Egoyan) ロバート・ラントス (Robert Lantos)
撮影 ポール・サロシー (Paul Sarossy)
美術 フィリップ・バーカー (Phillip Barker)
音楽 マイケル・ダナ (Mychael Danna)
編集 スーザン・シプトン (Susan Shipton)
衣装デザイン ベス・パスターナク (Beth Pasternak)
字幕 松浦美奈 (Mina Matsuura)

■キャスト

俳優名 役名
デイヴィッド・アルペイ (David Alpay)  Raffi
シャルル・アズナヴール (Charles Aznavour)  Edward Saroyan
アーシニー・カンジャン (Arsiniee Khanjian)  Ani
マリー=ジョゼ・クローズ (Marie-Josee Croze)  Celia
イライアス・コティーズ (Elias Koteas)  Ali
ブルース・グリーンウッド (Bruce Greenwood)  Martin Harcourt
クリストファー・プラマー (Christopher Plummer)  David
エリック・ボゴジアン (Eric Bogosian)  Rouben
ブレント・カーヴァー (Brent Carver)  Philip

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!