映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 御用牙・かみそり半蔵地獄責め

勝新太郎、製作・主演で贈る“御用牙”シリーズ第2弾

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

江戸北町奉行所同心・板見半蔵は、2人組の盗っ人を捕えたところ、盗品は水車小屋に捨てられていた女の屍体から盗んだものだ、と白状した。半蔵はその死体の状況から、今、寺や神社で流行っている“子おろし”に関係があるとにらんだ。寺や神社は半蔵の管轄外だったが、強引に女神主・大酔女のところへ押しかけ、“ややおろし”の現場をおさえた。そして、大酔女を半蔵得意の拷問にかけ、死体が駿河屋の娘お町であることを白状させた。



■解説

“御用牙”シリーズ2作目。板見半蔵こと“かみそり半蔵”がその正義感から彼が考え出した拷問術と鍛えあげたセックスなどを駆使して権力の恥部を掴み、体制の壁を突き崩す活躍を描く。小池一雄・作、神田たけ志・画の劇画「御用牙」の映画化。脚本・監督は『音楽』の増村保造。撮影は『子連れ狼 親の心子の心』の宮川一夫がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1973)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇

■スタッフ

監督 増村保造 (Yasuzo Masumura)
脚本 増村保造 (Yasuzo Masumura)
原作 小池一夫 (Kazuo Koike) 神田たけ志 (カンダタケシ)
製作 勝新太郎 (Shintaro Katsu) 西岡弘善 (ニシオカヒロヨシ)
撮影 宮川一夫 (Kazuo Miyagawa)
美術 太田誠一 (オオタセイイチ)
音楽 富田勲 (Isao Tomita)
録音 大谷巖
照明 中岡源権 (ナカオカゲンコン)
編集 谷口登司夫 (タニグチトシオ)
助監督 市古聖智
スチル 大谷英一

■キャスト

俳優名 役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)  板見半蔵
西村晃 (ニシムラコウ)  大西孫兵衛
小松方正 (コマツホウセイ)  大久保山城守
大森義夫 (オオモリヨシオ)  矢部常陸守
佐藤慶 (Kei Sato)  浜島庄兵衛
黒沢年雄 (Toshio Kurosawa)  御子柴十内
草野大悟 (クサノダイゴ)  鬼火
蟹江敬三 (Keizo Kanie)  マムシ
宗田政美   大酔女
相川圭子 (アイカワケイコ)  如海尼
稲野和子 (イナノカズコ) 
北野拓也 (キタノタクヤ)  勘八
宮下有三 (ミヤシタユウゾウ)  小三郎
小柳圭子 (コヤナギケイコ)  巫女
稲葉義男 (イナバヨシオ)  駿河屋六左衛門
近江輝子 (オオミテルコ)  駿河屋お甲
速見かをり (ハヤミカオリ)  三河屋お静
高木均 (タカギヒトシ)  丹波屋
榊陽子 (サカキヨウコ)  駿河屋の娘お町

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!