映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 女殺油地獄('92)

五社監督が描く近松の世界

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

大阪本天満町の油屋、豊島屋の女房・お吉が惨殺された。油と血のりが混じりあった惨状をきわめる現場には“河内屋”の銘の入った油樽がころがっていた。河内屋は、豊島屋がのれん分けしてもらった油屋で、かつてお吉はそこへ奉公し、次男の与兵衛の乳母がわりもしていた。だが、与兵衛が4歳の時に河内屋の主人は他界し、番頭だった徳兵衛が義父となったことから与兵衛はグレ出し、お吉は彼の遊びの尻ぬぐいをしてやっていた。そんなある日、お吉は与兵衛が油屋の元締、小倉屋の一人娘・小菊と密会を重ねていることを知る。



■解説

女の魔性と男の純情があやなす妖美にして凄惨な愛の世界を描いた近松門左衛門原作の映画化。脚本は『次郎物語(1987)』の井手雅人が執筆。監督は『陽炎』の五社英雄。撮影は『豪姫』の森田富士郎がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1992)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • ラブ・ストーリー

■スタッフ

監督 五社英雄 (Hideo Gosha)
脚本 井手雅人 (イデマサト)
原作 近松門左衛門 (チカマツモンザエモン)
企画 堀口壽一 (ホリグチトシカズ) 西岡善信 (ニシオカヨシノブ)
製作 村上光一 (ムラカミコウイチ) 奥山和由 (オクヤマカズヨシ)
プロデューサー 能村庸一 池田知樹 (イケダトモキ)
協力プロデューサー 中川好久 (ナカガワヨシヒサ)
撮影 森田富士郎 (Fujio Morita)
美術 西岡善信 (ニシオカヨシノブ)
音楽 佐藤勝 (Masaru Sato)
録音 生水俊行
照明 中岡源権 (ナカオカゲンコン)
編集 市田勇 (イチダイサム)
助監督 小笠原佳文 (オガサワラヨシブミ)
スチール 松平元子

■キャスト

俳優名 役名
樋口可南子 (Higuchi Kanako)  豊島屋・お吉
堤真一 (Shinichi Tsutsumi)  河内屋・与兵衛
藤谷美和子 (フジタニミワコ)  小倉屋・小菊
井川比佐志 (Hisashi Igawa)  河内屋・徳兵衛
岸部一徳 (Ittoku Kishibe)  豊島屋・七左衛門
長門裕之 (Hiiroyuki Nagato)  小倉屋・市兵衛
石橋蓮司 (Renji Ishibashi)  油搾親方・茂助
辰巳琢郎 (Takuro Tatsumi)  河内屋・太兵衛
佐々木すみ江 (ササキスミエ)  河内屋・おさわ
山口弘美 (ヤマグチヒロミ)  河内屋・おかち
奈月ひろ子 (ナヅキヒロコ)  小倉屋・お品
うじきつよし (ウジキツヨシ)  小倉屋手代・嘉平

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!