• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『キューティーガール〜美少女ボウラー危機一発〜』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • キューティーガール〜美少女ボウラー危機一発〜

グラビア・アイドルたちが魅せるボウリング決戦!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

違法な賭けボウリングが横行する時代。かつて世界No.1の実力を誇ったジョージ黒岩(山下真司)率いるボウリング・チーム“オールウェイズ”と、ボウリング・カジノを目論む伊達珠樹(濱田のり子)が所有する“キングピンズ”が激しく対立する街に、心を閉ざした少女マイ(小倉優子)が流れ着く。彼女が持つ赤いサソリのマイ・ボウルを目にした黒岩は、マイを自分のチームに迎える。同じ頃、凄腕の賭けボウラー黒岩飛鳥(眞鍋かをり)と、彼女を追う刑事(TEAH)、そして“死神”と呼ばれる男が街に姿を現す。



■解説

髪がふんわり持ち上がってニッコリ。投げ終わった後の危ういポーズに目を奪われる。ミニスカート、網タイツ、もちろん“魔球”もありだ。施設育ちで1人寂しくハーモニカを吹いたりするヒロインは、ボウリングの技を仕込まれた“虎の穴”ならぬ“死神の穴”の掟によって大ピンチに陥るし、二組の父と娘の確執も描かれる。

さすが、かつて人気を博した大映テレビの、気恥ずかしいほどハイテンションな青春ドラマにオマージュを捧げたアイドル系スポ根映画だ。昔ながらの女優髪がぴったりはまった元セイント・フォーの濱田のり子の悪女ぶりや、「スクール・ウォーズ」の泣き虫先生こと山下真司が“ボス!”と慕われるのもご愛嬌。演出は若手女優ならお任せの及川中監督。

  • 2003年9月6日 より テアトル池袋にてレイトショー

  • 配給:株式会社ENGEL
  • 製作国:日本(2003)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 及川中 (オイカワアタル)
脚本 内田英治 (ウチダエイジ)
エグゼクティブプロデューサー 中川徳章
統括プロデューサー 布施利之 (フセトシユキ) 小林皓一 (コバヤシコウイチ)
プロデューサー 原田耕治 (ハラダコウジ)
撮影 小山英之 (コヤマヒデユキ)
音楽 高橋慎治 (タカハシシンジ) ラデフォンス (La De' fonce) 鳥井本英樹 (トリモトヒデキ)
照明 磯部大和 (イソベヤマト)
キャスティング 河野優 (Masaru Kawano)
その他

■キャスト

俳優名 役名
小倉優子 (オグラユウコ) 
浅田好未  
宇恵さやか (ウエサヤカ) 
桜木睦子 (サクラギムツコ) 
眞鍋かをり (マナベカヲリ) 
山下真司 (Shinji Yamashita) 
TEAH (テア) 
濱田のり子 (ハマダノリコ) 
飯沼誠司 (イイヌマセイジ) 
ドクトル中島 (ドクトルナカジマ) 
藤田瞳子 (フジタヒトミコ) 
藤川のぞみ (フジカワノゾミ) 
浜田翔子 (ハマダショウコ) 
我妻沙織 (アズマサオリ) 
石井あや (イシイアヤ) 
上杉弘美 (ウエスギヒロミ) 
鎗田彩野 (ヤリタアヤノ) 
守月ひとみ (モリヅキヒトミ) 
近藤和美 (コンドウカズミ) 
相馬茜 (ソウマアカネ) 
椎名令恵 (シイナレイ) 
及川ゆうき (オイカワユウキ) 
江森亮介 (エモリリョウスケ) 
丹治大吾 (タンジダイゴ) 
元気真之助 (ゲンキシンノスケ) 
白川茉知 (シラカワマチ) 
角田裕志  
三枝大基 (サエグサダイキ) 
玉田敦士 (タマダアツシ) 
澤田麻未  
島田愛子 (シマダアイコ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!