映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • こぼれる月

他人を拒絶しながらも強く求めずにはいられない。それがひきこもる心

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

脅迫神経症で無意味な行為を繰り返してしまう高(河本賢二)は、美容師のあかね(目黒真希)と暮らしている。病院に通い、薬をもらう生活が何年も続いていて、外に出て働くことはできない。高と同じ病院に通う千鶴(岡元夕起子)は、自室にひきこもり、一緒に住んでいる母親(田島令子)ともメモを取り交わすだけの毎日。彼女はパニック障害に苦しんでいる。いざ発作が起きると自分自身も含め全てが信用できなくなってしまう。ある日、病院からの帰り道、発作に襲われた千鶴は、見知らぬ少年(岡野幸裕)に助けられる。



■解説

ドーヴィル・アジア映画祭03DVコンペティション部門のグランプリを受賞した本作は、新鋭監督・坂牧良太が自身の体験をベースに、心を病んだ若者たちの姿を描いたものだ。では、心を病むとはどういうことなのか? 簡単に正常と異常というカテゴリーで括ってしまうことはできない。たとえば、パソコンと携帯電話でひとり黙々と他者と繋がろうとする少年は、果たして正常といえるのか? その境界線は極めて曖昧だ。

生まれたての赤ん坊でもなければ、無傷の人間なんてこの世には存在しないだろう。その傷や痛みとのつき合い方にポイントがあるはずだ。作品中の俳優たちの自然な演技は痛々しいほどで、もしも、彼らに面倒をみてくれる親や恋人がいなかったら、どうなってしまうのだろうという思いを抱かずにはいられない。

  • 2003年8月16日 より シネマ・下北沢にてイブニングショー

  • 配給:アルゴ・ピクチャーズ
  • 製作国:日本(2003)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 坂牧良太 (サカマキリョウタ)
脚本 坂牧良太 (サカマキリョウタ)
製作 坂牧良太 (サカマキリョウタ)
プロデューサー 竹村喜美江 (タケムラキミエ) 星野今日子 (ホシノキョウコ)
撮影 坂牧良太 (サカマキリョウタ) 福田滋 (フクダシゲル) 三堀博紀 (ミボリヒロキ)
照明 千葉禎
キャスティング カレラ (カレラ)
製作協力 佐生有語 (サソウユウゴ)

■キャスト

俳優名 役名
岡元夕紀子 (オカモトユキコ) 
河本賢二 (カワモトケンジ) 
目黒真希 (メグロマキ) 
岡野幸裕 (オカノユキヒロ) 
田島令子 (タジマレイコ) 
大鷹明良 (オオタカアキラ) 
平井賢治 (ヒライケンジ) 
宮澤健 (ミヤザワケン) 
伊藤ゆきえ (イトウユキエ) 
梶本じゅん (カジモトジュン) 
兼坂昇一 (カネサカショウイチ) 
鈴木奈津子 (スズキナツコ) 
近藤綾乃 (コンドウアヤノ) 
大谷武士 (オオタニタケシ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!