映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • パイラン

届かなかった手紙を目にした時、男は泣いた。浅田次郎原作「ラブ・レター」を映画化した、感動のラブ・ストーリー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

カンジェは四十を過ぎてもうだつの上がらないチンピラだ。幼なじみだったヨンシクはボスになり、今ではカンジェは若い子分にもバカにされている。ある日、カンジェは敵対する組織の男を殺したボスのヨンシクに、身替わりになってくれと頼まれる。将来に希望が持てないカンジェは引き受けるが、翌日、カンジェのアパートを警官が訪ねてきた。「奥さんのパイランが亡くなられました」。カンジェは、かつて金のために自分が中国人女性と偽装結婚していたことを思い出した…。



■解説

親戚を頼って韓国にやってきた若い女性。しかし親戚は外国へ行っておらず、今さら中国へも帰れない。失意の中で韓国で生きるためには、身も知らぬ男との偽装結婚しかなかった。苦しい生活の中で、会ったこともない夫のたった一枚の写真を希望に、けなげに生きるこの女性パイラン。この汚れを知らないような女性に対し、カンジェは自分でも「社会のクズ」と呼ぶ、ダメな男だ。

『シュリ』で冷酷な北朝鮮将校を演じ、強烈な印象を残したチェ・ミンシクが、ここではイキがってはいるが冷酷にもなれないヤクザを見事に演じている。カンジェが失ったものを知って流す後悔の涙は、フェリーニの名作『道』でザンパノが海岸で流す涙と重なって見える。試写室では映画が終盤へ向かうにつれ、涙をぬぐう音が絶えなかった。

  • 2003年6月14日 より 新宿武蔵野館にて

  • 配給:シネカノン
  • 製作国:韓国(2001)
    • ジャンル:
    • ラブ・ストーリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ソン・ヘソン (Hae-sung Song)
脚本 ソン・ヘソン (Hae-sung Song) アン・サンフン (An Sang-hoon)
原作 浅田次郎 (アサダジロウ)
撮影 キム・ヨンチョル (Kim Yeong-cheol)
音楽 イ・ジェジン (Jae-jin Lee)
編集 パク・コクチ (Park Gok-ji)

■キャスト

俳優名 役名
チェ・ミンシク (Choi Min-sik)  イ・カンジェ
セシリア・チャン (Cecilia Cheung)  康白蘭
ソン・ビョンホ (Son Pyeong-ho)  ヨンシク
コン・ヒョンジン (Gong Hyung-jin)  ギョンス
キム・ジヨン (キムジヨン)  クリーニング屋のおばさん
チ・デハン (Ji Dae-han)  子分
ミン・ギョンジン (Min Kyoung-jin)  カンソン所長
シン・チョルジン (Sin Cheor-Jin)  調査課職員
キム・ヘゴン (Kim Hae-gon)  カンヌン(江陵)マネージャー

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!