映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • テープ

リチャード・リンクレイターが放つ、言葉と心のサスペンス。テープが巻き取る密室劇

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ミシガン州ランシング。ヴィンセント(イーサン・ホーク)は同郷の友、ジョン(ロバート・ショーン・レナード)と再会を果たす。ジョンは映画監督となり、翌日行われる映画祭のため帰郷していた。ヴィンセントはカリフォルニアで消防士をしているが、裏ではドラッグの売人をして稼いでいる。昔話に花を咲かせるうち、ヴィンセントはジョンが忘れたい高校時代の出来事を話題にする。それは、かつてヴィンセントの恋人だったエイミー(ユマ・サーマン)のこと。実はこの夜、ヴィンセントはエイミーも呼び出していた…。



■解説

モーテルの一室。だらしなく腹の出た男が、奇妙な方法でビールを飲んでいる。こんな冒頭から、一体これから、何が始まろうとしているのか、視線は釘付けにされる。リチャード・リンクレイター監督の最新作『テープ』は、たった3人の登場人物が、繰り広げる会話劇。そんな単純な物語の中に、観客を惹きつけるマジックがかけられている。まずは、3人の登場人物。懐かしい友人同士であるはずの3人の関係は、会話の中で離れたり近づいたり、予断を許さない。

カメラは、この部屋で起こる出来事を、人から人、物から物へとすばやく切り取っていく。そして、たった1本の小さなテープは、3人の心模様をグイグイ引き出していく。原作は、ステファン・ベルバーの舞台戯曲。俳優たちの動きやセリフ、シチュエーションの設定にも舞台の要素が色濃く現れている。

  • 2003年7月5日 より 恵比寿ガーデンシネマほか全国にて順次公開

  • 配給:メディア・スーツ
  • 製作国:アメリカ(2001)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 リチャード・リンクレイター (Richard Linklater)
脚本 ステファン・ベルバー (Stephen Belber)
原作 ステファン・ベルバー (Stephen Belber)
エクゼクティブ・プロデューサー カロリーヌ・カプラン (Caroline Kaplan) ジョナサン・シーリング (Johnathan Selving)
製作 ゲイリー・ウィニック (Gary Winick) アレクシス・アレクザニアン (Alexis Alexanian) アン・ウォーカー・マクベイ (Anne Walker McBay)
撮影 マリーズ・アルバルティ (Maryse Alberti)
美術 スティーヴン・ジェイ・ベアトリス (Stephen J. Beatrice)
編集 サンドラ・エイデアー (Sandra Adair)
衣裳 カトリーヌ・トマ (Catherine Thomas)
字幕 石田泰子 (Yasuko Ishida)

■キャスト

俳優名 役名
イーサン・ホーク (Ethan Hawke)  Vincent
ユマ・サーマン (Uma Thurman)  Amy
ロバート・ショーン・レナード (Robert Sean Leonard)  John

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!