映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ブルー・イグアナの夜

魅惑のストリップ・クラブで踊るダンサーたちの、切なくも力強い日々を描く異色作

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

カリフォルニア南部の町、サン・フェルナンド・バレー。町外れにたたずむブルー・イグアナは、5人のショーガールたちが人気のストリップ・クラブ。エンジェル(ダリル・ハンナ)は、美しい体と愛らしい顔つきを持つトップダンサー。他にも、ミステリアスな魅力のストーミー、ワイルドなジョー、東洋系のジャスミンと、若手ながらも色気たっぷりのジェシーが、かわるがわる官能的なショーを繰り広げている。一見、自由奔放に見える彼女たちには、それぞれが抱える人生があった…。



■解説

青白く光るネオンが夜の闇を妖しく照らし出すイメージから、めくるめく官能のシーンを想像されるかもしれないが、『ブルー・イグアナの夜』には、それ以上に「裸」のショーガールたちが映し出されている。挑発的なダンスで観客を魅了する一方、彼女たちの生活には、愛する人との出会いや別れ、願望や努力の足跡が切々と刻まれている。

監督は『イル・ポスティーノ』で世界を感動に包み込んだマイケル・ラドフォード。なんと、台本を一切用意せず、オーディションで選び出した5人の女優に即興で芝居をさせたという。踊子たちの心の底を追及し、女優と監督の感性により作り上げていったキャラクターは、それぞれが個性的でありながら誰の感情にも訴えかけ、深い精神性を感じさせる。

  • 2003年1月25日 より 銀座シネパトスにて

  • 配給:シナジー/オープンセサミ
  • 製作国:アメリカ(2000)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 マイケル・ラドフォード (Michael Radford)
脚本 マイケル・ラドフォード (Michael Radford) デヴィッド・リンター (David Linter)
製作総指揮 サミュエル・ハディダ (Samuel Hadida) レスリー・ジーン・ポーター (Leslie Jean Porter)
製作 エシー・ストロー (Etchie Stroh) ラム・バーグマン (Ram Bergman) ダナ・ラスティグ (Dana Lustig) マイケル・ラドフォード (Michael Radford) シェイラ・ケリー (Sheila Kelley) ダミアン・ジョーンズ (Damian Jones) グラハム・ブロードベント (Graham Broadbent)
撮影 エリクソン・コア (Ericson Core)
美術 マルティナ・バクリ (Martina Buckley)
編集 ロベルト・ペルピニャーニ (Roberto Perpignani)
衣装デザイン ルイーズ・フログレイ (Louise Frogley)
キャスティング ヒル (Hill) ハワード・フィールド (Howard Field)
字幕 伊藤美穂 (Miho Itou)

■キャスト

俳優名 役名
シャーロット・アヤナ (Charlotte Ayanna)  Jessie
ダリル・ハンナ (Daryl Hannah)  Angel
シェイラ・ケリー (Sheila Kelley)  Stormy
イライアス・コティーズ (Elias Koteas)  Sully
ウラジミール・マシュコフ (Vladimir Mashkov)  Sacha
サンドラ・オー (Sandra Oh)  Jasmine
ジェニファー・ティリー (Jennifer Tilly)  Jo
ロバート・ウィズダム (Robert Wisdom)  Eddie
W・アール・ブラウン (W.Earl Brown)  Bobby
クリス・ホーガン (Chris Hogan)  Dennis
ロドニー・ローランド (Rodney Rowland)  Charlie
クリスティン・バウアー (Kristin Bauer)  Nico

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!