映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • アイリス

言葉を失った女流作家・アイリス・マードックの生涯を描く、魂の旅路と真実の愛の物語

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

数多くの著書を残した小説家・アイリス(ジュディ・ディンチ)と、文学教授の夫・ジョン(ジム・ブロードベンド)が出会ったのは母校・オックスフォード大学。美しく知性にあふれた若きアイリス(ケイト・ウィンスレット)と目立たないジョン(ヒュー・ボナヴィル)は知り合って間もなく恋に落ちた。老年となった現在、アイリスは同じ言葉を無意識に繰り返す自分に気がつく。別の日には、インタビュー番組の出演中に会話を忘れ呆然とする。アイリスに、静かにアルツハイマーが忍び寄っていた。



■解説

誰かが誰かを心から想う姿は、感動する。そんな当たり前のような感情を、『アイリス』を見ると改めてかみしめることができる。作家と文学教授という職業で、日常の大部分を言葉に捧げてきたアイリスとジョンは、言葉無しには伝えられない「愛」を乗り越えるほどの強い絆を生んだ。言葉がすべてのアイリスから、それらが失われていくのを横で見守るだけの悲しみ、どうしようもなく愛している人から忘れられ、取り残されていく悲しみを、夫のジョンはじっと受け止めている。

「昔は2人きりになるのが怖かったのに、今は離れられない」と呟きながら。これこそ、本当の愛情の形じゃないか! 精神の自由を語り愛の歌を口ずさむジュディ・ディンチの気丈さと、すべてを見守ってきたジョンがラストに見せる柔らかな表情が、2人の歩んだ精神の強さとやさしさを物語っている。

  • 2002年12月7日 より シネスイッチ銀座ほか全国にて

  • 配給:松竹
  • 製作国:イギリス(2001)
    • ジャンル:
    • ラブ・ストーリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 リチャード・エア (Richard Eyre)
脚本 リチャード・エア (Richard Eyre)
原作 ジョン・ベイリー (John Bayley)
製作総指揮 アンソニー・ミンゲラ (Anthony Minghella) シドニー・ポラック (Sydney Pollack)
製作 ロバート・フォックス (Robert Fox) スコット・ルーディン (Scott Rudin)
撮影 ロジャー・プラット (Roger Pratt)
美術 ジェンマ・ジャクソン (Gemma Jackson)
音楽 ジェームズ・ホーナー (James Horner)
編集 マーティン・ウォルシュ (Martin Walsh)
衣装デザイン ルース・マイヤーズ (Ruth Myers)
字幕 古田由紀子 (Yukiko Furuta)

■キャスト

俳優名 役名
ジュディ・デンチ (Judi Dench)  Iris Murdoch
ジム・ブロードベント (Jim Broadbent)  John Bayley
ケイト・ウィンスレット (Kate Winslet)  Young Iris Murdock
ヒュー・ボネヴィル (Hugh Bonneville)  Young John Bayley
ペネロープ・ウィルトン (Penelope Wilton)  Janet Stone
サミュエル・ウェスト (Samuel West)  Young Maurice
ティモシー・ウェスト (Timothy West)  Older Maurice
エリナー・ブロン (Eleanor Bron)  Principal

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!