映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ミッション・ブルー

誰が何のために…? 恋人の死が次々と謎が謎をよぶ。オランダ発サスペンス・アクション!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

オランダ・ロッテルダムの多国籍投資銀行で、セキュリティのエキスパートとして働くケビン。この日は昇進も決まり、恋人のロザリンドにプロポーズするつもりだった。だが、ホテルで待ち合わせをし、2人で幸せな時を過ごそうとしたその時、ベルボーイに変装した何者かによってロザリンドは殺されてしまう。ケビンは殺人者に復讐を誓い、公私共に信頼を寄せる銀行の会長・ヨルデンセンに助けを求めるが、次第にケビン自身も狙われるはめに。誰がなぜ、何のためにこんな事を…?



■解説

オランダは、スイスと方を並べるくらい闇取引や資産の隠匿をするには適した金融の街。そんなオランダを舞台にスピーディな展開とパズルを解くようなカラクリで、見てるものを大いに楽しませてくれる作品が登場した。特に劇中と同じく多国籍の俳優人たちがいい。銀行の警備をしながらまだ純な気持ちを持ち合わせているケビンにはアメリカ人俳優、スキート・ウーリッチ。タフで聡明な主人公を体当たりで演じる。

そして、ウーリッチはちょっと暑苦しいなと思う方には、ケビンの同僚役で出演の正統派英国美青年、ニコラス・アイアンズがお薦め。横顔やふとしたしぐさがジェレミー・アイアンズそっくり。名前からしてもしかして関係者?? ブルーがかった画面やラストも凝っており、ハリウッド映画とは一味違う終わり方もいい。

  • 2002年11月16日 より シネマスクエアとうきゅうにて

  • 配給:東芝デジタルフロンティア
  • 製作国:オランダ=アメリカ(2001)
    • ジャンル:
    • アクション
    • |
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ローレンス・マルキン (Lawrence Malkin)
脚本 チャド・シューマン (Chad Thumann) ローレンス・マルキン (Lawrence Malkin)
製作総指揮 ケリー・フェルドソット・レイノルズ (Kelley Feldsott Reynolds) フランク・シエス (Frank Thies)
プロデューサー ローレンス・マルキン (Lawrence Malkin) サン・フ・マルタ (San Fu Maltha)
撮影 レックス・ヴェエルヴァイン (Lex Wettwijn)
美術 ディミトリ・メルコウロフ (Dimitri Merkoulov)
音楽 アラン・ウィリアムス (Alan Williams)
編集 ヘルマン・ピー・クールツ (Herman P. Koerts)
衣装デザイン イングリッド・ブランケンダール (Ingrid Blankendaal) ヴェロニカ・シュメデール (Veronika Schmederer)
アソシエイト・プロデューサー クレイグ・ウェイズ (Craig Weisz) ロエル・レイネ (Roel Reine)
字幕 風間綾平 (Ryohei Kazama)

■キャスト

俳優名 役名
スキート・ウーリッチ (Skeet Ulrich)  ケビン
クリスティ・スワンソン (Kristy Swanson)  テッサ
デレク・デ・リント (Derek de Lint)  ヨルゲンセン
レナ・オーウェン (Rena Owen)  カリーナ
アントニー・カメルリング (Antonie Kamerling)  ジュニア
セルジュ・アンリ・ヴァルケ (Serge-Henri Valcke)  ミスター・フィックス
ニコラス・アイアンズ (Nicholas Irons)  ゲイリー
トム・ホフマン (Thom Hoffman)  ヴィレム
キャサリン・ラング (Katherine Lang)  ロザリンド
アンドレ・アレンド=ヴァン・デ・ノールド (Andr Arend van de Noord)  トルステン

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!