映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ダウン

頭脳を持ったコンピューターが人間を襲う! それは、乗ってはいけないエレベーター

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

マンハッタンの高層ビルで、謎のエレベーター故障が相次いでいた。修理に呼ばれた技師のジェフリー(エリック・サール)とマーク(ジェームズ・マーシャル)だが、異常はどこにも見当たらない。マークの不安に耳も貸さず、運転は再開された。しかし、またしても悲惨な事故が起きる。警察の捜査もはかどらず、気になったマークは現場で出会った記者・ジェニファー(ナオミ・ワッツ)とともに真相解明へと乗り出した。調査を進めるうち、2人は驚きの事実へと巻き込まれていく。



■解説

高いところ、狭い場所、暗いところ、様々な恐怖観念を日常生活に取り入れてみせる『ダウン』は、体が浮き上がるようなショッキング・ホラー。普段あたり前のように使用しているエレベーターが、突然コントロールを失い自由に動き出してしまったら…。自分が地上数十階の高さにいる恐怖、四面の壁に取り囲まれている恐怖が、突然襲ってくる。

何が起こるか予想できている観客たちは、何も知らずに乗り込んでいく登場人物たちの姿に妙な不安を覚え、勝手に動くエレベーターが演出するオカルト的な恐怖はなかなか見ごたえがある。コンピューター・チップの自動増殖という先進科学が登場する後半は、ホラーよりもアクションの色が濃くなって恐怖は薄れてしまうけれど、次回、エレベーターに乗り込んだときには、ちょっと嫌〜な気分を味わうかもしれない。

  • 2002年9月28日 より 銀座シネパトス、新宿東映パラス3ほか全国にて順次公開

  • 配給:ギャガ=ヒューマックス
  • 製作国:アメリカ=オランダ(2001)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
    • |
    • ホラー

■スタッフ

監督 ディック・マース (Dick Mass)
脚本 ディック・マース (Dick Mass)
製作総指揮 ウィリアム・S・ギルモア (William S. Gilmore) ローレンス・ゲールス (Laurens Geels)
製作 ローレンス・ゲールス (Laurens Geels) ディック・マース (Dick Mass)
撮影 マルク・フェルペルラン (Marc Felperlaan)
プロダクション・デザイン ジョン・グレイスマーク (John Graysmark)
音楽 パウル・M・ファン・ブルッゲ (Paul M. Van Brugge)
編集 バート・リケリクイゼン (Bert Rijkelijkhuizen)
キャスティング マイク・フェントン (Mike Fenton) アリソン・コーウィット (Allison Cowitt)
視覚効果監修 ティム・マクガヴァン (Tim McGovern)

■キャスト

俳優名 役名
ナオミ・ワッツ (Naomi Watts)  Jennifer Evans
ジェームズ・マーシャル (James Marshall)  Mark Newman
マイケル・アイアンサイド (Michael Ironside)  Steinberg
ロン・パールマン (Ron Perlman)  Mitchell
エリック・サル (Eric Thal)  Jeffrey
エド・ハーマン (Ed Herrmann)  Milligan
ダン・ヘダヤ (Dan Hedaya)  McBain

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!