映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ロード・トゥ・パーディション

『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス監督、次は親子の愛を描く

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1931年、米・イリノイ州。12歳になるマイケルは父・サリヴァンの仕事に好奇心と疑問を覚えていた。サリヴァンは町を牛耳るギャングの一員で、とりわけボスのジョン・ルーニーには息子のように可愛がられていた。ある日、マイケルは父親とボスの息子・コナーが敵対するギャングの一人を殺害するのを目撃してしまう。現場にいた事が知られてしまったマイケルは、口封じのためにコナーに追われることに。サリヴァンは息子を守るため、組織に背を向けマイケルを連れて逃亡の旅に出る。始めはわだかまりのあった2人だが、次第に親子の壁を越えパートナーとなっていく。だが…。



■解説

『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス監督がオスカー獲得後に手がけた作品がこの作品。サム・メンデス&主演がトム・ハンクス、主要キャストにポール・ニューマン、ジュード・ロウ、と聞くと、これはもう見るしかないでしょう。ギャングものでトム・ハンクス? と思う向きもあるかもしれないが、見出すとそんな思いは吹き飛んでしまう。凄みと渋さが自然に出ている。さすが。

ただし、ジュード・ロウに“美しい殺し屋”を期待すると、ちょっとがっかりかも? でもジュードも顔じゃなく演技で勝負なんでしょう。ストーリーは骨太で、息子・マイケル役のタイラーくんが少年からちょっと大人になる感じが秀逸。ポール・ニューマンも苦悩するギャングのボスを好演。

  • 2002年10月5日 より 日劇1ほか全国東宝洋画系にて

  • 配給:20世紀フォックス映画
  • 製作国:アメリカ(2002)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 サム・メンデス (Sam Mendes)
脚本 デイヴイッド・セルフ (David Self)
原作 マックス・アラン・コリンズ (Max Allan Collins) リチャード・ピアーズ・レイナー (Richard Piers Rayner)
製作総指揮 ウォルター・F・パークス (Walter F. Parkes) ジョーン・ブラッドショウ (Joan Bradshaw)
製作 リチャード・D・ザナック (Richard D. Zanuck) ディーン・ザナック (Dean Zanuck) サム・メンデス (Sam Mendes)
撮影 コンラッド・L・ホール (Conrad L. Hall)
美術 デニス・ガスナー (Dennis Gassner)
音楽 トーマス・ニューマン (Thomas Newman)
編集 ジル・ビルコック (Jill Bilcock)
衣装デザイン アルバート・ウォルスキー (Albert Wolsky)
字幕 戸田奈津子 (Natsuko Toda)

■キャスト

俳優名 役名
トム・ハンクス (Tom Hanks)  Michael Sullivan
タイラー・ホークリン (Tyler Hoechlin)  Michael Sullivan Jr.
ポール・ニューマン (Paul Newman)  John Rooney
ジュード・ロウ (Jude Law)  Maguire
ダニエル・クレイグ (Daniel Craig)  Connor Rooney
スタンリー・トゥッチ (Stanley Tucci)  Frank Nitti
ジェニファー・ジェイソン・リー (Jennifer Jason Leigh)  Annie Sullivan
リーアム・エイケン (Liam Aiken)  Peter Sullivan
ディラン・ベイカー (Dylan Baker)  Alexander Rance

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!