映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 13ゴースト

母を亡くした一家に襲い掛かる、凶暴な死者の魂たち。悪魔の豪邸から逃げる道はひとつ!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

火事で妻をなくしたアーサー(トニー・シャロープ)は、娘のキャシー(シャノン・エリザベス)と息子のボビー(アレック・ロバーツ)、子守のマギー(ラー・ディッガー)と協力してせわしい毎日を送っている。ある日、音信普通だったアーサーの叔父・サイラス(F・マーレイ・エイブラハム)の遺産が舞い込み、一家は大富豪の屋敷を相続することに。しかし、その屋敷には隠された秘密があった。サイラスは生前、ゴースト・ハンティングした霊たちを屋敷の地下に監禁していたのだ。



■解説

全米で大ヒットしたショッキング・ホラー映画『TATARI』に引き続く、仕掛け(ギミック)ホラーの第2弾。突然襲い掛かる恐怖に、全編ビクビクしっぱなし! 迷路のような豪邸の地下から這い上がってきた12人の悪霊たちの姿が、ものすごく怖い。全身血だらけ、頭に矢がささったり、頭蓋骨丸見え男や皺くちゃの老婆、釘打たれたり鉄籠をかぶったり、銃弾だらけの体を引きずって襲い掛かる霊たちの迫力に、思わずビクッと身が縮まる。

閉じ込められた屋敷から逃げ出せるかどうか、そんなサバイバル・ゲームの物語だが、13番目のゴーストの役割や死んだ母親のゴーストも交え、家族の絆に触れているところも注目。一家の子守・マギーと心霊家のラフキンがコミカルなムードも作りあげ、ホッとしたり飛び上がったりの連続で、ショッキング映画の醍醐味を味わえる。

  • 2002年8月31日 より 渋谷東急3ほか全国にて

  • 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 製作国:アメリカ(2001)
    • ジャンル:
    • ホラー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 スティーヴ・ベック (Steve Beck)

■キャスト

俳優名 役名
トニー・シャルーブ (Tony Shalhoub)  Arthur Kriticos
エンベス・デイヴィッツ (Embeth Davidtz)  Kalina
マシュー・リラード (Matthew Lillard)  Rafkin
シャノン・エリザベス (Shannon Elizabeth)  Kathy Kriticos
ラー・ディッガ (Rah Digga)  Maggie
F・マーリー・エイブラハム (F. Murray Abraham)  Cyrus
ジェイアール・バワーン (JR Bourne)  Ben Moss
アレック・ロバー (Alec Roberts)  Bobby Kriticos

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!