• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『それいけ!アンパンマン ロールとローラ うきぐも城のひみつ/ほか1本』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • それいけ!アンパンマン ロールとローラ うきぐも城のひみつ/ほか1本

きれいな空と大切な自然を守るため、ローラ姫とアンパンマンら、元気な仲間が大活躍!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

雲の中にある「うきぐも城」は、汚れた雲を吸い取ってきれいな雲に変え、美しい空を保ってくれる不思議なお城。でも最近は大気の汚染が進んでしまい、浄化作業が追いつかない。ある日、うきぐも城に迷い込んロールパンナは、たったひとりで機械の修理をおこなうローラ姫に出会う。アンパンマンたちも一緒にロール姫を手伝い始めるが、そこへばいきんまんが現れた。ビームを浴びたロールパンナはブラックロールパンナへ変身し、アンパンマンたちに向かってくる!



■解説

愛と勇気の物語で子供たちに大人気のアニメ『アンパンマン』。初めて登場してから30年、今は大人になり、子供を持つお父さん・お母さんからも愛されてきたキャラクターが、今年もまた劇場に登場する。14作目となる今回のテーマは「大気汚染」。ロールパンナは、良い心と悪い心を両方持った複雑な性格の持ち主で、そんなロールが、ばいきんまんの光線を浴びて冷たい心に変身してしまう。

初登場のローラ姫はおてんばながらも純粋な、個性あふれるキャラクター。アフレコ初挑戦の黒木瞳が、元気いっぱいに演じてくれる。双子のような2人に友情が芽生え、変身したロールを元に戻そうと必死に戦うアンパンマンたちの活躍ぶりが楽しめる。昔からの大切な友だちを見るような気持ちで、子供心に帰ることができそう。
やなせたかし原作の短編『鉄火のマキちゃんと金のかまめしどん』が同時上映。

  • 2002年7月13日 より 銀座テアトルシネマほか全国にて

  • 配給:東京テアトル=メディアボックス
  • 製作国:日本(2002)
    • ジャンル:
    • アニメーション
    • |
    • ファミリー/キッズ

■スタッフ

監督 大賀俊二 (オオガシュンジ)
脚本 米村正二 (ヨネムラショウジ)
原作 やなせたかし (Takashi Yanase)
企画 奥田誠治 (オクダセイジ)
製作 加藤俊三 (カトウ)
プロデューサー 山崎喜一朗 (ヤマザキキイチロウ) 小野利恵子 (オノリエコ) 尾崎穏通 (オザキ) 柳内一彦
絵コンテ 奥脇雅晴 (オクワキマサハル)
キャラクター・デザイン 前田実 (マエダミノル)
作画監督 前田実 (マエダミノル)
撮影 金井弘 (カナイヒロシ) トムス・フォト スタジオトゥインクル (スタジオトゥインクル)
デジタル撮影 川田敏寛 (カワダトシヒロ) 大坪聡 (オオツボサトシ) 大西健 (オオニシケン) 中谷修 (ナカタニオサム) 安田猛 (ヤスダタケシ) 稲葉進之介 (イナバシンノスケ)
美術 横山幸博 (ヨコヤマユキヒロ) 池上みどり (イケガミミドリ)
音楽監督 鈴木清司 (スズキセイジ)
音楽 いずみたく 近藤浩章 (コンドウヒロアキ)
音楽プロデューサー 山田慎也 (ヤマダシンヤ) 国分浩安 (コクブヒロヤス) 千石一成 (センゴクカズナリ)
主題歌 ドリーミング
音響監督 山田智明 山田悦司
音響効果 糸川幸良 (イトカワユキヨシ)
編集 鶴渕充寿 (ツルブチミツトシ) 鶴渕和子 (ツルフチカズコ)
制作担当 山本清 (ヤマモトキヨシ)
特殊効果 林好美
ミュージック作画 相馬勇 (ソウマイサム) 星名靖男 (ホシナヤスオ)
色彩設計 あかほりくみこ (アカホリクミコ)
色指定 あかほりくみこ (アカホリクミコ)
オープニングCGアニメーション P・R・O (ピー・アール・オー)
出演(声) 戸田恵子 (Toda Keiko) 黒木瞳 (Kuroki Hitomi) 冨永みーな (トミナガミーナ) 中尾隆聖 (ナカオリュウセイ) かないみか 増岡弘 (マスオカヒロシ) 佐久間レイ (サクマレイ) 山寺宏一 (ヤマデラコウイチ) 山寺宏一 (ヤマデラコウイチ) 鶴ひろみ (ツルヒロミ) 肝付兼太 (キモツキカネタ) 島本須美 (シマモトスミ) 柳沢三千代 (ヤナギサワミチヨ) 滝沢ロコ (タキザワロコ) 坂本千夏 (サカモトチカ) 原えりこ (ハラエリコ) 中村ひろみ (ナカムラヒロミ) 寺田はるひ (テラダハルヒ)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!